2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ライブドア」 阿修羅 投稿リンク (1) | トップページ | 獄中から出所してきたホリホリモンを書けばいいのであろか? »

2006年2月16日 (木)

映画「絶望論」のシーン

1 映画「絶望論」のシーン、ライブピアノは国生裕子

映画「絶望論」斉藤吉彦監督上映と音楽国生裕子のライブ
無声映画とピアノ演奏のライブ形式は
銀幕と生演奏舞台のコラボレーションだった。
映画の原点を模索する形態でもあった。

2005年11月9日、鎌倉生涯学習センターホールにて


Re: 「絶望論」 脚本・監督 斉藤吉彦 
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/856.html投稿者 如往 日時 2005 年 11 月 10 日

(回答先: 「絶望論」 脚本・監督 斉藤吉彦  投稿者 愚民党 日時 2005 年 10 月 30 日 12:18:47)

 愚民党さん、こんにちは。
 映像の中のことでも構わないから、愚民党さんに会いに行こうと思い立ち、帰り道を少し横に逸れて鎌倉に立ち寄りました。

 『去年マリエンバードで』(アラン・レネ)の完成度を望むのは無理であっても、『絶望論』の映像には荒削りながらも初期の羽仁進作品とATG映画が持っていたアンダーグラウンドの息吹を十分感じさせるものがありました。
 寄り添うことにそこはかとなく生き甲斐を見出す若い女、寄り添われることや他者との関係性に渇望を覚えず、唯存在することに慣らされた壮年の男、道連れのあることに一抹の希望を見出した中年の男、人は皆それぞれであり、どうしてそこに至ったのか計り知れません。この世に在ってこその絶望や希望であるのでしょう。しかしそんなことは他所に、存在が醸し出す不可解さが世界の底に沈殿しては、やがて時がそれを押し流してゆきます。
 現段階では斉藤監督のモチーフを特定し得ませんが、私の雑感として受けとってください。

 また、会いましょう。


« 「ライブドア」 阿修羅 投稿リンク (1) | トップページ | 獄中から出所してきたホリホリモンを書けばいいのであろか? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「絶望論」のシーン:

« 「ライブドア」 阿修羅 投稿リンク (1) | トップページ | 獄中から出所してきたホリホリモンを書けばいいのであろか? »