2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« サザエさんと株価の関係 | トップページ | 荒川静香に思う »

2006年2月24日 (金)

荒川が「金」 日本、待望のメダル 【東京新聞速報】

Photo_2

荒川が「金」

日本、待望のメダル

村主4位入賞、安藤15位

 【トリノ23日共同】トリノ冬季五輪第14日の23日(日本時間24日朝)、フィギュアスケート女子で荒川静香(24)=プリンスホテル=が金メダルを獲得し、不振が続いた今大会の日本にようやく初メダルをもたらした。五輪フィギュアでの日本選手のメダルは1992年アルベールビル大会銀の伊藤みどり以来、2個目で、「金」は史上初の快挙となった。

 ショートプログラム(SP)で小差の3位だった荒川は、フリーで難度の高い技をこなして合計191・34点を挙げ、逆転優勝した。冬季五輪で日本の「金」は通算9個目。女子では長野大会スキー・モーグルの里谷多英以来、2人目の金メダリスト。

 村主章枝(avex)が4位入賞。安藤美姫(愛知・中京大中京高)は15位だった。

 荒川は16歳で出場した長野大会で13位。前回ソルトレークシティー大会は代表を逃したが、2004年世界選手権で日本選手として3人目の「世界女王」に輝いている。

 ■荒川 静香(あらかわ・しずか、プリンスホテル=フィギュアスケート女子)宮城・東北高1年の98年長野五輪は13位。04年世界選手権で伊藤みどり、佐藤有香に続く日本人3人目の優勝。昨季はグランプリ(GP)ファイナル2位。全日本選手権は2度優勝。早大出。165センチ、54キロ。24歳。宮城県出身。(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/00/detail/20060224/top_____detail__000.shtml


荒川静香 Official Web Site

http://www.shizuka-arakawa.com/index.html


荒川静香 Moment ~Beautiful skating~ DVD 荒川静香 Moment ~Beautiful skating~

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

little wings―新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔 Book little wings―新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔

著者:Little Wings編集部
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

君なら翔べる!―世界を魅了するトップスケーターたちの素顔 Book 君なら翔べる!―世界を魅了するトップスケーターたちの素顔

著者:佐藤 信夫,佐藤 久美子
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本フィギュアスケート トリノ五輪&世界選手権応援ブック Book 日本フィギュアスケート トリノ五輪&世界選手権応援ブック

販売元:実業之日本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワールド・フィギュアスケート 21 トリノ五輪直前号 Book ワールド・フィギュアスケート 21 トリノ五輪直前号

販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワールド・フィギュアスケート (18) Book ワールド・フィギュアスケート (18)

著者:ダンスマガジン
販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

フィギュアスケート選手名鑑〈2006〉 Book フィギュアスケート選手名鑑〈2006〉

販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワールド・フィギュアスケート (12) Book ワールド・フィギュアスケート (12)

著者:ダンスマガジン
販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する


出演:荒川静香

Story
2004年3月にドルトムントで行われた世界選手権で金メダルを獲得し、トリノオリンピックでのメダルの期待も高まるフィギュアスケーター・荒川静香のパーソナルDVD。そのハイレベルな技術を徹底解析し、トリノへの覚悟(詳細こちら

« サザエさんと株価の関係 | トップページ | 荒川静香に思う »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒川が「金」 日本、待望のメダル 【東京新聞速報】:

« サザエさんと株価の関係 | トップページ | 荒川静香に思う »