2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【新じねん・日々雑感】の管理人おーるさんが、亡くなりました | トップページ | おーるさんを弔いながら、応募投稿 »

2006年3月26日 (日)

民衆のジャーナリズムその体現、おーるさんが残した表現

新じねん

http://csx.jp/~gabana/index.html


自分は無力である。
【新じねん・日々雑感】の製作者おーるさんが亡くなって、虚脱状態に
なってしまった。
おーるさんが亡くなった記事を発見したのは
23日の朝だった。
最初は信じられなかったが
【きっこの日記】( http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060323
を読んで実感してきた。

3月は小説書きに没頭していたので
【新じねん】にあまりアクセスしていなかった。

おーるさんがつくった図解を転載ばかりしてきた。
おーるさんは赤貧のなか、何匹もネコを育てていた。
自分は貧乏人だが
ネコのエサ代をすこし助けるくらいは
カンパできたと思う。

もうすこし、おーるさんに遠慮なくふみこんでいければと
無力な自分を後悔している。
何ひとつ、おーるさんを助けることはできなかった。

今、新潮新人賞に応募投稿する小説にピリオドを打った。
最後の盛り上がるシーンを書かねばならなかったのだが
おーるさんの死に虚脱になり酒を飲み寝込んでしまった。

おーるさんとは図解の転載をめぐり何度かメールで交信させて
もらった。
おーるさんの図解は日本インターネット文化における優れた表現であると
動物的直感してきた。
財界展望4月号でも図解は掲載されていた。
テレビ朝日の「モーニング」でも図解は映像として、一瞬だけだが
登場していた。
今年からおーるさんの図解はジャーナリズムに波及していった。

おーるさんのインターネットにおける表現は
民衆のジャーナリズムその体現だった。

とにかく自分は3/31までに小説を応募投稿しようと思う。
それができたら
おーるさんが残した記事と表現をどうインターネット界に保存して
いけるのか、それを考えようと思う。

« 【新じねん・日々雑感】の管理人おーるさんが、亡くなりました | トップページ | おーるさんを弔いながら、応募投稿 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事