2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 晩夏の渚にて (2) | トップページ | 70年代明治維新幕末暗殺期の哲学者、黒田寛一が死亡した »

2006年9月13日 (水)

アーネスト・サトウ 【一外交官が見た明治維新】

アーネスト・サトウ
【一外交官が見た明治維新】【上・下】 訳/ 坂田精一 岩波文庫 1960年発行

60年安保の年に発行された古い岩波文庫が図書館にあった。予約して読む。

1862(文久2)年から1889(明治2)年の記録。

幕府側・朝廷側・各藩の政治動向分析が要細であり、高度である。そこから次の政治展開を
予測。
読みながら、ジョン・ラスキンの美術を思い出した。
ラスキン絵画展をみたのは90年代初期だった。細微なリアリズムの絵画。
そしてラスキンの美術と建築の批評。
ジョン・ラスキンはフリーメーソンであると言われている。

---------------------------------------------------

うわさによれば、天皇(孝明天皇)は天然痘にかかって死んだということだが、
数年後、その間の消息によく通じているある日本人がわたしに確言したところによれば、
天皇は毒殺されたのだという。
この天皇は、外国人にたいしていかなる譲歩をおこなうことにも、断固として反対してきた。
そこで、来るべき幕府の崩壊によって朝廷がいやおうなしに西欧諸国と直接の関係に
入らざるをえなくなることを予見したひとびとによって、片付けられたというのである。

-------------------アーネスト・サトウ 【一外交官が見た明治維新】上

兵庫開港の攻防をめぐって、孝明天皇は暗殺されたのではないかと自分は思う。
イギリスが突きつけていたのは、日本列島の総開港であり市場開放であった。
資本主義の交易のためには、日本の幕藩体制は破壊される必要があった。
アーネスト・サトウは横浜で発行されていた英字新聞(ジャパン・タイムズ)に
幕府を廃棄し天皇を中心とした政治体制のシステム革命論を発表する。
これは日本語に訳され、日本の書店で売られていく。
イギリスは明治維新政治体制構想力に関わっている。

戦争とは交通関係でもある。
イギリスは薩摩と長州の戦争を通じて、薩摩人と長州人が好きなった。
世襲制度の末期にあった徳川幕府の政治家よりも、薩摩人と長州人に期待を寄せた。
イギリス人は魚を食べ、何でも食べるから世界帝国になった。
アーネスト・サトウも日本食を食べ日本酒を呑み、日本の作法を徹底的に実践で習得する。
各藩の人間と宴会をやり芸者を呼び、徹底して交流していく。芝居小屋にもいく。

イギリスが幕府に突きつける要求は、現在日本が、米国政府から「年度要望改革書」で
突きつけられている情況と同じだ。

----------------------------------------------------------------------------
日本の下層階級は支配されることを大いに好み、機能をもって臨む者には相手がだれであろうと
容易に服従する。ことにその背後に武力がありそうに思われる場合は、それが著しいのである。
伊藤(伊藤博文)には、英語を話せるという大きな利点があった。これは当時の日本人、ことに
政治運動に関係している人間の場合には、きわめてまれにしか見られなかった教養であった。
もしも両刀階級(武士)の者をこの日本から追い払うことができたら、この国の人民には服従の
習慣があるのであるから、外国人でも日本の統治はさして困難ではなかったろう。
だが外国人が日本を統治するとなれば、外国人はみな日本語を話し、また日本語を書かなくては
ならぬ。

------------------アーネスト・サトウ 【一外交官が見た明治維新】下

21世紀現在の日本と明治維新はリンクしている。

一外交官の見た明治維新〈上〉 Book 一外交官の見た明治維新〈上〉

著者:アーネスト サトウ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一外交官の見た明治維新 下    岩波文庫 青 425-2 Book 一外交官の見た明治維新 下  岩波文庫 青 425-2

著者:アーネスト サトウ
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

薩英戦争―遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄〈2〉 Book 薩英戦争―遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄〈2〉

著者:萩原 延寿
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈3〉英国策論 Book 遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈3〉英国策論

著者:萩原 延寿
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈4〉慶喜登場 Book 遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈4〉慶喜登場

著者:萩原 延寿
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈5〉外国交際 Book 遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈5〉外国交際

著者:萩原 延寿
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アーネスト・サトウ伝 Book アーネスト・サトウ伝

著者:庄田 元男,B・M・アレン
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

燃えさかる火のそばで―シートン伝 Book 燃えさかる火のそばで―シートン伝

著者:ジュリア・M. シートン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本旅行日記〈1〉 Book 日本旅行日記〈1〉

著者:アーネスト サトウ
販売元:平凡社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

旅立ち―遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄〈1〉 Book 旅立ち―遠い崖 アーネスト・サトウ日記抄〈1〉

著者:萩原 延寿
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 図説 アーネスト・サトウ―幕末維新のイギリス外交官

販売元:有隣堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈6〉大政奉還 Book 遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈6〉大政奉還

著者:萩原 延寿
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アーネスト・サトウ―女王陛下の外交官 Book アーネスト・サトウ―女王陛下の外交官

著者:古川 薫
販売元:小峰書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈7〉江戸開城 Book 遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈7〉江戸開城

著者:萩原 延寿
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アーネスト・サトウの生涯―その日記と手紙より Book アーネスト・サトウの生涯―その日記と手紙より

著者:イアン・C. ラックストン
販売元:雄松堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈12〉賜暇 Book 遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈12〉賜暇

著者:萩原 延寿
販売元:朝日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

一八六八年 終りの始まり―アーネスト・サトウの夢と現実 Book 一八六八年 終りの始まり―アーネスト・サトウの夢と現実

著者:茶屋 二郎
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 晩夏の渚にて (2) | トップページ | 70年代明治維新幕末暗殺期の哲学者、黒田寛一が死亡した »

明治維新」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーネスト・サトウ 【一外交官が見た明治維新】:

» 日本旅行 [旅行情報 Gメン]
ほんわかとした温かい風が頬をなでたら旅行に出ましょう.きっと楽しい出会いがあるはずなんですよ。でも、その前にJTBの「日本旅行」サイト [続きを読む]

« 晩夏の渚にて (2) | トップページ | 70年代明治維新幕末暗殺期の哲学者、黒田寛一が死亡した »