2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 06ゆめ観音 | トップページ | 小説 小はん殺し結城純一郎の演説 (最終)  【第38回新潮新人賞第1次予選落選】 »

2006年9月 8日 (金)

第38回新潮新人賞小説部門、予選通過を落選しました

第38回新潮新人賞小説部門、予選通過を落選しました。

本日、「新潮」10月号発売、新人賞の予選通過発表。

本屋さんにかけこむ。新潮10月号を手にとる。
「予選通過発表新人賞」のページをめくる。
作品名、名前なし・・・・トホホ・・・

きびしい・・・・

それにしても暑い晩夏。
はやくこい秋。
夜、つくったおかずは朝なら食べられるんですけんど
2日目の夜は、もう腐っていますだ・・・トホホ・・・
おら、冷蔵庫の電源も切っている貧乏まるだし生活人。

秋になれば2日間は夕食、おなじおかずで食べられる。

まあ、今年もなんとか猛暑をのりきり
今度は厳冬とのたたかいが待っている。

100円紙パックの日本酒飲んだら、小説の構想でもすっぺ。
はらへった。飯、喰わんと・・・

« 06ゆめ観音 | トップページ | 小説 小はん殺し結城純一郎の演説 (最終)  【第38回新潮新人賞第1次予選落選】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第38回新潮新人賞小説部門、予選通過を落選しました:

« 06ゆめ観音 | トップページ | 小説 小はん殺し結城純一郎の演説 (最終)  【第38回新潮新人賞第1次予選落選】 »