2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小説  新昆類  (32) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 安倍普三 「触れないでほしい関係がある」 »

2006年11月20日 (月)

サルトル「存在と無」感読メモ

サルトル「存在と無」感読メモ

http://blog.goo.ne.jp/kayaman55/e/88c7c4a068315cacc5a655957b863a25


「デジタル機械生命族はすでに誕生している」
「他者のしぐさには全世界が組織づけられている」
「表出と流出の巨大なカオスこそ現代デジタル世界」
「デジタルには無数のブッラク・ホール粒があり、そこから情報は表出し、そして逃亡している。
 デジタル情報社会とはたえず流出し流動している」
 「デジタル情報社会とは漂流の構図であり『存在と無』を自己実現した」
 
 「デジタルは<プログラム秩序>の全体に存在しながら、<存在=1><無=0>の
  囲い込みと電子反復による模倣子を生成する<孔>である」
 
 「私の自己性と他者の自己性は全体の組織生命体に属している」
 「有の核には無が存在」
 「全体とは内部であり、それぞれの固体意識の集合こそ外部である」
 「時間とはねばねばしたものであろう」
 「活字の組織」
 「コギト=考える存在の確定」
 「超越とは何か?」「言葉を越える存在とは何か?」
 
 「人間知覚ー無との闘争」「無とは距離である」
 「事物とは予想なのだ」「眼は模倣であり、シュミレーションである」
 「現在とは逃亡である」「瞬間は独立した決定項である」
 「過去がひとつのかたまりになる」「現在=未来の欠落」
 「即自=死」「対自=生」「闘争心の欠落=破綻」「空間とは消失である=空間外面」
 「空間とは自己喪失である」「空間=官能・エロス」
 「恋愛は当人間の全過程を内面(反省)によって押し出す」
 「恋愛は反省過程であり、そこで人間は自己と他者をみつめる」
 「恋愛は人間についての学問である」「脱自と自我」
 「自己の外面=自己を時間化する=コンピュータ書きこみ」
 「それはいまだ理解されない記憶」
 
 「時間は諸瞬間の多数性による粘着力である」「時間は音を発信している」
 「貨幣の存在=空間性、世界性、量、道具性、流動性、時空性、それは人間の手の感触」
 「貨幣は思考するのか?」
 「貨幣は自身のあしたにある媒介者である」「世界は貨幣のほかに何ものも存在しないのか?」
 
 「関係の根拠=無=距離」
 「恋愛の自我は媒介者(恋人)によって、私が否定される」
 「他者=私を否定する存在」
 「恋愛における傷心は他者によって自己が否定されるときである」「自己=個別者」
 「男は女の子宮を通過して誕生する」
 「再度、自己の内面を形成するために、男は女と対話する」

 「『孔』がうたれる」
 
 「主体が出す言葉は他者の所有物となる」「<自己を選択する>無が自己をつくる」
 「90年代ーサルトル」「この挫折は私の真実である」「自己の目的の確定」
 
 「所有と身分とは何か?」
 「共同主観の不成立」「一方的通行の反復」
 「返還される。ないしは読まれないという予測の失敗(前提の欠落)」
 「関係は精神性にあるのではなく身体性にある」「命がけの飛躍(男と女の関係)」
 「言葉によって境界は崩れた」「彼女は<ゆらぎ>のなかにある」
 「情熱こそが交通関係を飛翔」「理念(苦悩する状態)→先行→姿態へと崩れる」「都市」
 
 「20世紀哲学の総括」「哲学と演劇」「世界市場の中心」「思考のパイオニア」「黄色いサル」
 「転覆をうながすのは世界市場である」「実存から生存への原理」
 「生存、<展示ー演劇のハイパーデフレーション>」「即自の偶然性と対自」
 「まなざしは全体を無化する」
 「事実は闘争としての精神をもつが、すでに隠蔽されてしまう」
 「自分の無化こそが意思である」
 
 「20世紀哲学の総括と21世紀哲学の予感」
 「哲学の世界市場形成に失敗してきたのが日本の歴史である」「自分に敗北している」
 「他者の言葉を読み解くことはできるのか?→実験」
 「対自と対自の関係」「即自と即自の関係」「人間は目である」
 「可能の言葉とは存在をめぐる価値=可能」「可能と知覚と意味」「諸体験を統一する自我」
 「自我=人格の記号」「対自とは彼方の自己である」「世界の私性」
 「時間と意識」「意識と存在の根源的関係」「時間とは自我である」
 「人体は、それが知覚されるときに、なにものかを指し示す」

 「対象性とは他者の現前である」「何故、海にくることが出来なかったのか?」
 「関係とは組織生命体である」「距離=崩壊」「他者がまとう衣は全体」
 「知覚と想像」「知覚とはまなざし」「海は内臓であり羊水だ」
 「意識は行為である」「変容とおどろき」「自己が他者のまなざしになる」
 
 「他者のまなざしは抱擁する」「他人へと流出する自我」
 
 「他有化、他人のまなざし=外部=個性」「市場とは他有制度である」
 「複合への所属=状況」「思想を言語に流しこむ」
 「他者のまなざしをとらえるときに、私をゆさぶる突然の衝撃」「演劇とまなざし」
 「他者のまなざし、空間化=時間化」「能動的まなざし」
 「他人は対自であり意識である」
 「私=他人=意識=私の対自が他人である」
 「自己を他有化する→自己と他者の歴然たる同一性」
 「他者の全面的な同化」「他者は全体に存在する」「活字の組織」
 
  「女、その中心は渚へと向いている。波と引力」
  「海が女の足によせる、他者は何から自由であろのか? =私の不確定」
  「私は私の生活と人生において引きうける=他者の引力」


  

--------------------------------------------------------------------------------

関連

TINAMIX

サルトルの「壁」、寺山修司の「レミング」
J・A・シーザー インタビュー
取材/構成:樋口ヒロユキ
写真:山中早和子

http://www.tinami.com/x/report/09/page3.html



TOP
http://blog.goo.ne.jp/kayaman55/  (オペラ座の怪人)

サルトル, 松浪 信三郎
存在と無 上巻
荒木 清
一冊で哲学の名著を読む―『ソクラテスの弁明』から、サルトル『存在と無』まで17冊がよくわかる!
ジョージ リッツア, George Ritzer, 正岡 寛司, 山本 光子, 山本 徹夫
無のグローバル化―拡大する消費社会と「存在」の喪失
サルトル, 松浪 信三郎
存在と無 下巻
舞坂 真平
無境界の影絵―神は存在する
サルトル, 松浪 信三郎
ワイド版世界の大思想 (2-14)
ドナルド・D. パルマー, Donald D. Palmer, 沢田 直
サルトル
永野 潤
図解雑学 サルトル
海老坂 武
サルトル―「人間」の思想の可能性
J‐P・サルトル, 伊吹 武彦
実存主義とは何か
J.‐P. サルトル, Jean‐Paul Sartre, 多田 道太郎, 鈴木 道彦, 浦野 衣子, 渡辺 淳, 海老坂 武, 加藤 晴久
植民地の問題
沢田 直
新・サルトル講義―未完の思想、実存から倫理へ
佐藤 朔
革命か反抗か―カミュ=サルトル論争
J‐P. サルトル, Jean‐Paul Sartre, 安堂 信也
ユダヤ人
J‐P.サルトル, 竹内 芳郎
自我の超越 情動論粗描
J‐P・サルトル, 白井 浩司
嘔吐
サルトル, Jean‐Paul Sartre, 伊吹 武彦, 窪田 啓作, 白井 浩司, 中村 真一郎
水いらず
ポール ストラザーン, Paul Strathern, 浅見 昇吾
90分でわかるサルトル
三宅 芳夫
知識人と社会―J=P.サルトルにおける政治と実存
市倉 宏祐
ハイデガーとサルトルと詩人たち
桑田 礼彰
フーコーの系譜学―フランス哲学「覇権」の変遷
J.‐P. サルトル, Jean‐Paul Sartre, 澤田 直
言葉
梅木 達郎
サルトル―失われた直接性をもとめて
アニー コーエン=ソラル, Annie Cohen‐Solal, 石崎 晴己
サルトル
アラン ルノー, Alain Renaut, 水野 浩二
サルトル、最後の哲学者
末次 弘
サルトル哲学とは何か
辻 昭臣
サルトルとカミュ―文学的アンガージュマン
ベルナール=アンリ レヴィ, Bernard‐Henri L´evy, 石崎 晴己, 三宅 京子, 沢田 直, 黒川 学
サルトルの世紀
水野 浩二
サルトルの倫理思想―本来的人間から全体的人間へ
合田 正人
サルトル『むかつき』ニートという冒険
J.‐P. サルトル, M. メルロ=ポンティ, Jean‐Paul Sartre, Maurice Merleau‐Ponty, 菅野 盾樹
サルトル/メルロ=ポンティ往復書簡―決裂の証言
J‐P. サルトル, Jean‐Paul Sartre, 沢田 直
真理と実存
クローディーヌ セール=モンテーユ, Claudine Serre‐Monteil, 門田 真知子, 南 知子
世紀の恋人―ボーヴォワールとサルトル
荻原 真
西洋哲学の背骨―知っておきたいプラトン、デカルト、カント、サルトル
J.‐P. サルトル, Jean‐Paul Sartre, 白井 健三郎, 野田 又夫, 矢内原 伊作, 海老坂 武, 清水 徹, 多田 道太郎, 鈴木 道彦
哲学・言語論集
久保 博正
悩みの消し方―ブッダとサルトルで学ぶ「人生苦」のしくみ
J‐P・ サルトル, Jean‐Paul Sartre, 加藤 周一, 海老坂 武, 白井 健三郎
文学とは何か
柴田 芳幸
マラルメとフローベールの継承者としてのサルトル―エクリチュールと“反創造”の欲望
沢田 直
“呼びかけ”の経験―サルトルのモラル論
理想 (第665号)
サルトル, 松浪 信三郎
ワイド版世界の大思想 (2-14)
マルロー, サルトル, 松浪 信三郎
ワイド版世界の大思想 (3-12)
小西 忠彦
私の思想遍歴―サルトルとともに

« 小説  新昆類  (32) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 安倍普三 「触れないでほしい関係がある」 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小説  新昆類  (32) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 安倍普三 「触れないでほしい関係がある」 »