2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「新昆類」 ノート (2) キメラ実験の満州帝国 | トップページ | 小説  新昆類  (26-1) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »

2006年11月25日 (土)

小説  新昆類  (26-2) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】

「過去は水に流せ」これが国民国家の最大綱領である。この神聖な立国テーゼを犯すもの
は、アンダーグランドへとたたき落とされるのである。そのために天皇の警察は存在する
のだ。あなたの電話はすでに盗聴されている。いつのまにか菊の紋章たる帝国議会で盗聴
法は成立していた。





【第1回日本経済新聞小説大賞(2006年度)第1次予選落選】


--------------------------------

現代演劇研究会
現代演劇 4 (4)
ワーナー・ホーム・ビデオ
バージニア・ウルフなんかこわくない
日活
戦争と人間 DVD-BOX (初回限定生産)
~
日活
戦争と人間 第一部 「運命の序曲」
日活
戦争と人間 第二部 「愛と悲しみの山河」
日活
戦争と人間 第三部 「完結篇」
松竹
人間の條件DVD-BOX
纐纈 厚
侵略戦争―歴史事実と歴史認識
塚本 三夫
実録 侵略戦争と新聞
久保井 規夫
日本の侵略戦争とアジアの子ども―カラー図版
津田 道夫
侵略戦争と性暴力―軍隊は民衆をまもらない
ジョン ダワー, John W. Dower, 三浦 陽一, 高杉 忠明
敗北を抱きしめて 上 増補版―第二次大戦後の日本人
服部 剛
先生、日本のこと教えて―教科書が教えない社会科授業
河野 仁
“玉砕”の軍隊、“生還”の軍隊―日米兵士が見た太平洋戦争
黄 文雄
日本の植民地の真実
ロナルド タカキ, Ronald Takaki, 大和 弘毅
ダブル・ヴィクトリー―第二次世界大戦は、誰のための戦いだったのか?
石川 達三
生きている兵隊
尾崎 秀実, 今井 清一
新編 愛情はふる星のごとく
中山 隆志
関東軍
五百旗頭 真
日米戦争と戦後日本
重松 清
最後の言葉 戦場に遺された二十四万字の届かなかった手紙
K.カール カワカミ, 福井 雄三
シナ大陸の真相―1931‐1938
井上 恭介
ヒロシマ―壁に残された伝言
文浦 史朗
図解雑学 太平洋戦争
平塚 柾緒, 太平洋戦争研究会
図説 東京裁判
ルディ カウスブルック, Rudy Kousbroek, 近藤 紀子
西欧の植民地喪失と日本―オランダ領東インドの消滅と日本軍抑留所
野田 正彰
戦争と罪責
中村 粲
大東亜戦争への道
三野 正洋
続 日本軍の小失敗の研究―未来を見すえる太平洋戦争文化人類学
近藤 紘子
ヒロシマ、60年の記憶
高浜 賛
アメリカの歴史教科書が教える日本の戦争
吉田 裕
昭和天皇の終戦史
山室 信一
キメラ―満洲国の肖像
山田 朗
昭和天皇の軍事思想と戦略
富永 孝子
深海からの声―Uボート234号と友永英夫海軍技術中佐
窪田 明
真珠湾攻撃―気になる若干の事柄
ジョン コールマン, John Coleman, 太田 龍
真珠湾 日本を騙した悪魔
イアン ブルマ, Ian Buruma, 石井 信平
戦争の記憶―日本人とドイツ人
千葉県歴史教育者協議会
千葉県の戦争遺跡をあるく―戦跡ガイド&マップ
細川 護貞
細川日記 上 改版 中公文庫 B 1-35 BIBLIO20世紀
中根 隆行
“朝鮮”表象の文化誌―近代日本と他者をめぐる知の植民地化
毎日新聞社東京本社社会部
罪―届かなかった十五通の遺書
諏訪 澄
広島原爆―8時15分投下の意味
不許可写真―毎日新聞秘蔵 (1)
太平洋戦争研究会
太平洋戦争がよくわかる本―20ポイントで理解する
小沢 真人, NHK取材班
赤紙―男たちはこうして戦場へ送られた
北 博昭
軍律法廷―戦時下の知られざる「裁判」
藤井 忠俊
兵たちの戦争―手紙・日記・体験記を読み解く
産経新聞社, サンケイ新聞社=, 産経新聞=
あの戦争 太平洋戦争全記録〈下〉
ラルフ タウンゼント, 田中 秀雄, 先田 賢紀智
アメリカはアジアに介入するな!
石飛 仁
中国人強制連行の記録―日本人は中国人に何をしたか
杉原 達
中国人強制連行
西成田 豊
中国人強制連行
野添 憲治
秋田の朝鮮人強制連行―歴史の闇を歩く
野添 憲治
秋田県における朝鮮人強制連行―証言と調査の記録
早乙女 勝元
穴から穴へ13年―劉連仁と強制連行
松本 成美
滑走路と少年土工夫―朝鮮人強制連行の掘り起こし
金 英達, 金 慶海
金英達著作集〈2〉朝鮮人強制連行の研究
神戸港における戦時下朝鮮人中国人強制連行を調査する会
神戸港強制連行の記録―朝鮮人・中国人そして連合軍捕虜
韓国挺身隊問題対策協議会・挺身隊研究会, 従軍慰安婦問題ウリヨソンネットワーク
証言 強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち
野添 憲治, 貝原 浩
花岡一九四五年・夏―強制連行された耿諄の記録
久保井 規夫
写真記録 地下軍需工場と朝鮮人強制連行―隠された戦跡〈1〉
鈴木 賢士
中国人強制連行の生き証人たち
朝鮮人強制連行真相調査団
朝鮮人強制連行調査の記録―関東編〈1〉神奈川・千葉・山梨
梁 泰昊
朝鮮人強制連行論文集成
鄭 晢仁
当事者が書いた強制連行―北海道・闇に消えた十一人
野添 憲治
花岡事件を追う―中国人強制連行の責任を問い直す
「百万人の身世打鈴」編集委員
百万人の身世打鈴(シンセタリョン)―朝鮮人強制連行・強制労働の「恨(ハン)」
林 えいだい
松代地下大本営―証言が明かす朝鮮人強制労働の記録

« 「新昆類」 ノート (2) キメラ実験の満州帝国 | トップページ | 小説  新昆類  (26-1) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »

小説 新昆類」カテゴリの記事