2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小説  新昆類  (33) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 小説  新昆類  (32) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »

2006年11月18日 (土)

日本内閣府プロデュース芝居公演 「教育改革タウンミーティング」 世界劇場関係の皆様へ、世界公演の準備はできております



愛連合詐欺対策委員会

最新 詐欺撃退マニュアル




デヴィッド・W. モラー, David W. Maurer, 山本 光伸

詐欺師入門―騙しの天才たち その華麗なる手口




安斎 育郎

だからあなたは騙される




フランク・W・アバグネイル, 高橋 則明

華麗なる騙しのテクニック 世界No.1の詐欺師が教える




種村 季弘

ぺてん師列伝―あるいは制服の研究




カール・シファキス, 鶴田 文

詐欺とペテンの大百科




フランク アバネイル, スタン レディング, Frank W. Abagnale, Stan Redding, 佐々田 雅子

世界をだました男




横田 濱夫

騙しのカラクリ




山下 勝也, 藤原 義恭

あなたを狙う詐欺の手口77―ウマイ話には“裏”がある




取違 孝昭

詐欺の心理学―どうだます?なぜだまされる?




中嶋 隆

倒産長者 ― 未上場企業を舞台に仕組まれた「合法的」罠のすべて




安斎 育郎

だます心 だまされる心




有森 隆, グループK

黒い経済人―「政・官・財・暴」のマネーゲーム




カール シファキス, Carl Sifakis, 鶴田 文

詐欺とペテンの大百科




偽造防犯研究会

偽造の手口―現代犯罪の実情




石原 豊昭

「詐欺」―悪(ワル)の手口と撃退マニュアル




野田 敬生

東京三菱銀行 消えた「156億円」預金




安斎 育郎

騙される人 騙されない人




沢田 高士

シノギのプロが教えるビジネスの極意




青木 雄二

青木雄二のゼニと資本論―「ゼニの地獄」脱出法、ボクが教えたる!

●日本内閣府プロデュース芝居公演 「教育改革タウンミーティング」
 コストは次のようになっております。

 世界の人々に感動を与える
「教育改革タウンミーティング」

あなたの国と街で公演いたします。

--------------------------------------------------------------


04年11月27日に開かれた「教育改革タウンミーティング イン 大分」を点検してみよう。朝日広告社から内閣府大臣官房会計課長に届けられたのは10,669,761円の請求書だった。さっそく明細を見てみた。驚くのは、動員されたスタッフの数とその金額である。



[開催当日の動員関係]



1、空港(又は駅)での閣僚送迎など (単価12,000円)×6人 72,000円

2、会場における送迎など (単価120,00円)×14人 168,000円

3、各出席閣僚の個別担当 (単価12,000円)×3人 36,000円

4、閣僚控室の連絡要員 (単価12,000円)×3人 36,000円

5、出席閣僚・随行者ケータリング (単価12,000円)×4人 48,000円

6、一般参加者・マスコミ・関係者

受付・配布資料封入 (単価20,000円)×12人 240,000円

7、クローク (単価12,000円)× 5人 60,000円

8、場内整理事務補助 (単価20,000円)×27人 540,000円

9、会場発言マイク係 (単価12,000円)×12人 144,000円

10 警備員 (単価20,000円)×17人 340,000円

11、コーディネーター (単価50,000円)× 1人 50,000円

12、手話通訳者 (単価20,000円)× 3人 60,000円



な、なんと計算してみて驚きだが、総計107人で総額1,722,000となった。これが、募集人員300人のイベントに釣り合う人数だろうか。空港で出迎えた6人は、空港で漫然と見送りまで待機しているのだろうか。場内整理・事務補助27人もやたら多いぞ。会場発言マイク係17人。20人にひとりのマイク係も多いな。このリストラ不況の時代に大盤振る舞いだが、これは代理店の請求額であり実際に現場で働いた人に支払われた額ではない。それにしても、だ。せいぜい400人のイベントに107人の現場スタッフに加えて、県・市・文科省からも応援部隊が入っている。想像してみてほしい。会場ロビーや後方に100数10人が立っている光景を。まさか、椅子に座ってはいないでしょうな。大分会場には、312人が参加していて、内閣府・文科省の発言者は、県教育委員会義務教育課の職員が4人台本通りの意見を言っている。「その他の協力者5,000円」が問題となったが、会場に107人が有給で入りこんだというのも異常な姿だ。なぜなら、大分では内閣府の資料で437人が申し込んで、参加証を発送したのは347人(実際の参加者が312人)と参加を断られていることがすでに政府答弁でも明らかになっているのである。


http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/df65477be65f6eef1d0444d0abff3f1d








世界公演の準備はできております。

日本内閣府プロデュース芝居公演 「教育改革タウンミーティング」 







保坂展人のどこどこ日記
政治、経済、文化を幅広く語る。

« 小説  新昆類  (33) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 小説  新昆類  (32) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »

安倍戦争内閣スキャンダル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小説  新昆類  (33) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 小説  新昆類  (32) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »