2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小説  新昆類  (7) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 小説  新昆類  (5) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »

2006年11月27日 (月)

小説  新昆類  (6) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】

 テルがノブと出合ったのは沢のバス停留場から豊田の廣次の家に帰る途中だった。ノブ
は矢板の金属会社に旋盤工として勤めていた。ノブは豊田の寛の家から自転車で矢板の町
に通っていた。テルとノブはいつも通勤途中の豊田の道で会っていた。ある日の帰り道、
テルが沢の停留場で降りて歩いていたら、後ろから自転車でノブがやってきた。ノブはテ
ルに帰り道が一緒だから自転車の後ろにある荷台に乗れと誘った。テルは恥ずかしかった
が、乗せてもらうことにした。それから急にテルとノブは親密になっていった。数日後、
またノブは会社からの帰り道、テルと出合い自転車の後ろに乗せた。そしてテルに今度の
日曜日、映画を見に行がねぇげ? とテルを映画館に誘った。テルは同意した。日曜日に
ふたりは矢板の駅で待ち合わせ、駅の近くにある東映の映画館に入り時代劇の映画をみた。
映画がはねてノブはテルと食堂で飯を食った。矢板からの帰り道。テルはノブの自転車の
後ろに乗った。二人乗りの自転車は、山を越えて、沢まで行きそれから豊田への道を帰っ
ていくのだが、ノブは山の中へとテルを誘惑した。ノブはテルの子宮へと射精をした。

 テルはその山の中の契りによってノブの子を宿すことになった。テルはノブに結婚を迫
ったが、ノブの家が強烈に反対をした。テルは廣次の家でノブとの子である長男のトモユ
キを産んだ。テルの生存する道はなんとしてもノブと結婚することだった。ノブも家が反
対しているがテルと結婚するしか責任をとる人の道はないと強く思っていた。ふたりは相
談して東京に駆け落ちした。最初はノブが旋盤工として勤めた品川の職場近くのアパート
に住んでいたが、運良く調布にある都営住宅が当たった。ふたりは長男のトモユキを連れ
て調布飛行場がすぐ前にある長屋の都営住宅に引っ越した。そこで次男のヨシヒコと三男
の泥荒が産まれた。

 栃木県那須郡野崎村大字豊田五六四番地で、ノブは産まれた。大正十四(一九二五)年
六月だった。父は寛、母はトキだった。ノブは次男だった。寛の家は豊田で豪農の地主だ
った。寛は矢板農学校を卒業した。寛はトキに五人の子供を産ませた。四人が息子で末っ
子が娘だった。寛は廣次の兄だった。次男の廣次には痩せた土地しか与えられなかった。
貧困の廣次は七人の幼子を失ったが、地主の家を継いだ長男の寛は子供を死なせることは
なかった。寛は豊田でも傲慢な男だった。軍隊に行って近衛兵を務めたことが寛の自慢だ
った。軍隊では上官まで出世した。兵役が終了し、村に帰ってくると、寛は軍人癖が抜け
きれず、いつも地主として威張っていた。

 矢板町からやってきた共産主義者の農民オルグが、小作人を煽動し、寛の家の庭で騒動
を起こしたが、大田原警察からやってきた警官が鎮圧してくれた。昭和五(一九三〇)年
の豊田小作人騒動事件だった。首謀者は捕まり大田原警察の監獄にぶちこまれた。その後、
小作人を農民運動に組織する栃木県北部の共産主義者は根こそぎ、治安法違反で逮捕され
たので、寛はひとまず安心した。矢板の川崎村からは日本共産党の青年団体である共産主
義青年同盟中央委員会の幹部になった人間が出た。それは寛が出た矢板農学校の同級生の
高橋吉次郎だった。「東京に出て、あいつは赤になったんべよ」という噂が寛の耳にも入
っていた。豊田の地主は寄り合いを持ち、町の大田原、佐久山、野崎、矢板からの赤が豊
田に潜入しする街道を監視する対策を話し合った。見知らぬ男を見かけたら、すぐ沢の駐
在所に通報することにした。

 寛の家は、小作人から「あすこはヒト・ゴ(五)ロ(六)シ(四)番地だんべ」と陰口
を叩かれていた。マッカーサーによる農地解放令によって、寛は多くの農地を手放すこと
になった。喜んだのは、それまで寛にいじめられていた小作人だった。寛の家は没落した。
周りの百姓は「いい気味だ」と冷ややかに、寛の家の没落をながめていた。農業では小作
人がいなくなり没落したが、寛は親から譲られた山を持っていた。その私有地の山は豊田
一番だった。寛の家の裏から増録村へと続く広大な山の領地は寛のものだった。増録村と
成田村の境界の山も寛のものだった。成田村のデイアラ神社近くまで寛の山だった。

 ノブはおとなしい子供だった。小作人の子供は尋常小学校に入学する頃は、家の手伝い
をしたが、ノブは地主の子供だったので、家の仕事はしなかった。小作人からノブは「ノ
ウちゃん」と呼ばれ、可愛がられた。寛の子供が寛のように尊大に威張る人間にならない
ように、小作人たちは、寛の子供に表面的な愛情を注ぎ込んだ。ノブは関東軍の謀略で満
州事変が勃発した昭和六(一九三一)年、豊田尋常小学校に入学したが勉強は得意ではな
かった。ただ駆け足が得意だった。家ではいつも寛が家長として威張っていたので、いつ
も寛の前ではビクビクしていた。母のトキは優しかった。トキは小柄な女だったが、全面
的な愛情を子供たちに注いだ。矢板農学校を卒業していた寛は、自分たちの子供の成績が
あまり良くなったので、トキに「おまえがバカだから、おまえの血を引いんだんべ」と悪
態をついた。豊田ではほとんど同族結婚だった。

 長男のマサシは弟のノブを可愛がった。ノブの下に弟のカズ、サブ、マモルが産まれた。
最後に妹のムツコが産まれた。寛とトキの子供は、トキのおだやかな性格の遺伝子を継承
し、いずれもおとなしく人が良い気質があった。しかしその底には、寛の冷たい冷酷な利
己主義の遺伝子が眠っていた。ノブが豊田尋常小学校に入学すると、すぐ番長を決めるケ
ンカが休み時間に校庭で始まった。豊田尋常小学校の伝統だった。おとなしくスローテン
ポだったノブは最初のケンカで敗れた。もともと番長になる野心がなかった。番長にのし
上がったのは小作人の子であるグンジだった。グンジの親父は豊田の小作人騒動の時、大
田原警察の留置所にぶちこまれたので、寛の家には恨みをもっていた。

 小学校の生活に慣れた尋常小学三年の六月、ノブは放課後、グンジに呼び出された。
 
「番長がノブちゃんに用があんだど」そう東豊田のトヨジがノブを校庭の前にある小山の
奉安殿に連れていった。昭和天皇の御真影と教育勅語が厳重に保管されている神社風の奉
安殿の前にグンジが腕を組んで立っていた。グンジはノブを奉安殿の裏に連れていった。

「おめぇのうちは山の主さまと威張っているが、あの山はもともと村のものだったんだん
べ、おめぇ知っていたげ?」

 グンジがノブに質問した。
 
「……」ノブはなんのことか分からなかった。

「おらが教えてやるべ、もともと村のものだった山を、おめぇのじいさまが、山県有朋に
とりいって、自分のものにしてしまったんだんべよ、おめぇのじいさまは悪人だんべ、村
じゃ、みんな知っていっぺ。おらの父ちゃんも、山に入って落ち葉や薪をとって
来るのにも、いちいち、おめぇのいえに、ことわりに行かなくちゃなんねえ、ふざけんな
このやろ!」

 ノブはグンジのゲンコで頭を殴られた。そして地面にノブは倒され、ゲンジの尻がノブ
の腹に乗った。グンジはノブのシャッツのえりをつかみ言った。

「いいか!地主だからっと言って、ガッコウでは調子こくんでは、ねえど、わかったがよ、
おらの父ちゃんは、おめげのおかげで留置所にぶちこまれたんだんべよ、おらだって、警
察なんか、おっかなぐねえんだ、この、でれすけやろう!」

 ノブは泣きながら、分けもわからず「ワガッタ、ワダッタ、かんべんしてぐれや」とグ
ンジに哀願した。グンジはノブの体から離れ、立ち上がった。ノブは泣きながら起き上が
った。

「いいか、兄貴や親に告げ口したら、どうなるか、わがっていっぺな」

 そうグンジは捨てぜりふでノブを恫喝した。





【第1回日本経済新聞小説大賞(2006年度)第1次予選落選】


---------------------------

石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 大映女優篇 昭和10・20年代―石割平コレクション
石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 日活時代劇昭和10年代―丸根賛太郎・石割平・橘公子所蔵版
石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 美人女優 戦前篇―石割平コレクション
石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 美人女優 戦前篇〈3〉石割平コレクション
石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 美人女優 戦前篇〈2〉石割平コレクション
石割 平, 円尾 敏郎
松竹チャンバラ黄金時代 戦前篇―石割平コレクション
石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 美人女優戦前篇完結版―石割平コレクション
羽島 知之
新聞広告美術大系〈11〉昭和戦前期編(昭和元年~10年)―医薬・化粧品
羽島 知之
新聞広告美術大系〈13〉昭和戦前期編(昭和元年~10年)―出版・趣味娯楽 金融・交通・その他
羽島 知之
新聞広告美術大系〈12〉昭和戦前期編(昭和元年~10年)―飲食・嗜好品 衣料品・雑貨
円尾 敏郎
時代劇六大スター 戦前篇―藤波米次郎コレクション
石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 大映時代劇戦前篇―石割平・橘公子所蔵版
中山 清
巨大地主経営の史的構造
中山 清
近世大地主制の成立と展開
舟橋 明宏
近世の地主制と地域社会
旗手 勲
日本における大農場の生成と展開―華族・政商の土地所有 (1978年)
大滝 一
福岡における労農運動の軌跡―平和と民主主義をめざして 戦前編
農民組合史刊行会編纂委員会
農民運動者(戦前)氏名調査 (1957年)
須田 努
「悪党」の一九世紀―民衆運動の変質と“近代移行期”
小林 節夫
怒りの炎―農 星霜と夢
菊池 重作
茨城農民運動史 (1973年)
のら社
壊死する風景―三里塚農民の生とことば (1970年)
大木 よね, 三留 理男
大木よね―三里塚の婆の記憶 (1974年)
林 宥一
近代日本農民運動史論
西田 美昭
近代日本農民運動史研究
坂本 昇
近代農村社会運動の群像―在野ヒューマニストの思想
安良城 盛昭
天皇制と地主制〈上〉
安良城 盛昭
天皇制と地主制〈下〉
多木 浩二
天皇の肖像
広岡 裕児
皇族
須崎 慎一
日本ファシズムとその時代―天皇制・軍部・戦争・民衆
谷部 金次郎
昭和天皇と鰻茶漬 陛下一代の料理番
原 武史
可視化された帝国―近代日本の行幸啓
新田 均
「現人神」「国家神道」という幻想―近代日本を歪めた俗説を糺す。
河原 敏明
昭和天皇の妹君―謎につつまれた悲劇の皇女
吉本 隆明, 赤坂 憲雄
天皇制の基層
大塚 英志
少女たちの「かわいい」天皇―サブカルチャー天皇論
井上 章一
狂気と王権
ジョージ・R・R・マーティン, 岡部 宏之
王狼たちの戦旗 (上) 〈氷と炎の歌 第2部〉
高沢 皓司, 島 成郎
ブント「共産主義者同盟」の思想〈7〉戦旗
加藤 文三
川合義虎―日本共産青年同盟初代委員長の生涯
BSフジ
独立プロ名画特選 DVD-BOX 4 社会編
住井 すゑ
橋のない川〈1〉
住井 すゑ
橋のない川 (5)
住井 すゑ
橋のない川〈7〉
住井 すゑ
住井すゑ作品集〈第4巻〉橋のない川(第1部・第2部)
住井 すゑ
住井すゑ対話集〈1〉橋のない川に橋を
住井 すゑ, 福田 雅子
「橋のない川」を読む
北条 常久
橋のない川―住井すゑの生涯
ミシェル アルベール, Michel Albert, 小池 はるひ, 久水 宏之
資本主義対資本主義―フランスから世界に広がる 21世紀への大論争
古島 敏雄
資本制生産の発展と地主制 (1978年)
中村 政則
近代日本地主制史研究―資本主義と地主制
中村 政則
近代日本地主制史研究―資本主義と地主制 (1979年)
中村 雄二郎, 木村 礎
村落・報徳・地主制―日本近代の基底 (1976年)
大橋 博
地方産業の発展と地主制
安孫子 麟
日本地主制と近代村落
ビデオメーカー
アメリカ占領下の日本 第1巻 大日本帝国解体
堀越 作治
軍国少年“Fe”の日記
三井 一男
「軍国少年」の遺言
榎本 朗喬
軍国少年日向タロー
升本 喜年
軍国の少年―天皇の消えた日
石永 淳, 生方 恵一, 工藤 司朗, 伊藤 強, 桐井 加米彦
むかし、みんな軍国少年だった―小二から中学生まで二十二人が見た8・15
布川 了
田中正造と天皇直訴事件
ビデオメーカー
襤褸の旗

« 小説  新昆類  (7) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 小説  新昆類  (5) 【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »

小説 新昆類」カテゴリの記事