2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小泉純一郎愛人小はん変死事件の真相 | トップページ | 小説  新昆類  (41)  【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »

2006年11月11日 (土)

世耕弘成との電通チームが演出の「ヤラセ・タウンミーティング」

世耕弘成との電通チームが演出の「ヤラセ・タウンミーティング」 2006年11月10日
阿修羅より転載

「平成のゲッペルス」こと内閣補佐官・世耕弘成との電通チームが演出の「ヤラセ・タウンミーティング」

http://www.asyura2.com/0601/hihyo3/msg/877.html

投稿者 ジャック・どんどん 日時 2006 年 11 月 09 日 21:46:28:

日刊ゲンダイ 11月9日(8日発行)

田中康夫『奇っ怪ニッポン』

より、一部引用

内閣府のタウン≪聖域なき構造改革≫ミーティングは、開催一回につき2千万円の出費。既にして都合10億円が投じられた費用対効果への疑問を知事会見で呈する。
斯くも巨額な理由は簡単。日本最大の広告代理店に丸投げ状態だから。それでいて、件のエクセレントカンパニーは、実施場所の都道府県庁に対して、ご来臨の大臣諸姉諸兄を送迎すべく公用車を無償提供せよ、と文書で通告する。のみならず、翌日付の全国紙および全国地方面での当該記事漏れなく午前中にFAXせよとの付帯事項も

内閣府のタウンミーティング室も正規職員のみで20名を数える豪華な陣容。アルバイトも含めて12名に留まる金融庁のマネーロンダリング室との『格差』は歴然。思うにテロリズム抑止の第一歩は資金洗浄の徹底解明に存する。ッテな初歩的知識もない儘にウイリアム・リチャード・ワーグナー好きな純ちゃんは、柳井某なる対米追従屈従改め対米屈従の外務省改め≪害・無能省≫を象徴する外交官改め≪害・厚顔≫の手になる世紀の≪異≫訳『ショウ・ザ・フラッグ』を実践しちゃったのね

はてさて、≪平成のゲッペルス≫を自認する世耕弘成広報担当補佐官は巨大広告代理店とのチームワークで今度は、疑うことを知らぬ全国津々浦々の善男善女に対し、いかなる≪安部・偽装改革≫を演出してくださるのかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(感想)
以前、世耕さんを「日本のリップマン」とおよびしたごとがございます。
でもそれよりか、「平成のゲッペルス」のほうが迫力があって魅力的!
マネーロンダリング室がバイトのお姉ちゃん含めて、12名しかいないって、衝撃の真実でした、ちゃんちゃん。

« 小泉純一郎愛人小はん変死事件の真相 | トップページ | 小説  新昆類  (41)  【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »

安倍戦争内閣スキャンダル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小泉純一郎愛人小はん変死事件の真相 | トップページ | 小説  新昆類  (41)  【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 »