2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小説  新昆類  (2)  【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 動画 「匂イノ森ニ密メク」  北鎌倉浄智寺野外舞踏 »

2006年11月27日 (月)

小説  新昆類   (1) 【日経小説大賞応募投稿 第1次予選落選】

第1回日本経済新聞小説大賞応募 2005年12月31日

                      2006年10月18日発表

        【第1次予選落選】

 

 第1次予選落選となりましたので、校正と推敲のうえ、ブログに掲載させていただきます。
458枚の長編ですので、連載というかたちにさせていだだきました。

この小説を、2006年3月21日、朝方、最後の「日々雑感」を更新して、買い物に出かけ、
スーパーマーケットの駐車場で亡くなった
【新じねん】おーるさんに捧げます。

【新じねん】
http://csx.jp/~gabana/index.html

【新じねん保存サイト】
http://oriharu.net/gabana_n/

-------------------------------

■2006/03/23 (木) 追悼、おーるさん

きっこの日記
http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060323

--------------------------------

【おーるさんの最終図解】 安晋会を核とするライブドア浸透相関図 【新じねん・日々雑感】

http://www.asyura2.com/0601/livedoor1/msg/659.html

--------------------------------------------------



           新昆類     


       エピローグ

 追われていた。大人の女に追われていた。女は少年の名前を連呼している。少年は山道
を逃げている。山道は丘の野原に出たが行き止まりだった。下は崖だった。向こうから大
人の女が走ってくる。女は少年を育ててくれた母の姉だった。その叔母を少年は、ばあち
ゃんと呼んでいた。叔母の長い髪は怒髪天のように風に乱舞していた。少年は叔母に追わ
れる理由がわからなかった。優しい叔母が突然、恐ろしい鬼になって、少年を追ってくる
理由がわかならかった。叔母の名前はミツ子と村から呼ばれていた。夢だった。

 増録村にある日、巨大な壁ができた。村の少年たちは里に出ようとよじ登っている。誰
かがボウジボッタッレの仕業だと言った。村は暗黒につつまれていた。いやオカンジメの
仕業だと誰かが言った。村を閉じこめる壁ができたのは、山頂のデイアラ神社、裏外壁と
横の木枠の中に一列の並んで納まっていた神社の刀を盗んだからだと少年は思った。それ
はブリキでつくられた刀だった。山頂は村のこどもたちの遊び場だった。おらたちが村に
呪いを呼びこんだんだべか? 神さまの罰だっぺか? 高くでかい壁ができたのは、おら
たちのせいなんだべか? くりかえし、何度も夢をみた。

 そこからは暗い山道だった。幼児は後ろ髪を引かれるように里をふりかえる。なだらか
な三月の田園、大地が遠くの山並みまで広がっていた。さあ、とミツ子が幼児をうながし
た。急な山道を登る。道の幅は狭かった。樹木の根っこが階段になっていた。だいじょう
か、ミツ子が幼児に声をかける。幼児がうなずく。登りきったところからは、なだらかな
山道が暗い奥へと続いている。陽光は高い樹木の群れ、枝と葉の繁みによって閉ざされて
いる。山は静寂が広がり独特の音を発していた。木と木が話している音だと幼児は思った。
幼児はまだ四歳であったが考えていた。ばあちゃん、おらを連れて何処へ行くんだべか?

 このあいだ里にきて、母ちゃんだよとおらの前に笑顔で立った人のところだんべ、そう
幼児は予測していた。突然、上空で不気味な音がした。枝と枝の間を黒いものが飛んでい
く。猿か、むささびだんべ、そうミツ子が幼児に声をかけた。山に呑まれていく......

 恐怖の信号が幼児のからだに走った。幼児は叔母の手をにぎった。
 
「さあ、行くべ」

 ミツ子は幼児の手を引き、高い杉林、枝と枝の間にある洞窟のような小道を歩き、山を
抜けていった。幼児の名前は泥荒。東から西へと山道は続き、やがて二人の前の向こうに
あふれる光が見えた。まぶしかった。青い空が見えてきた。二人を迎えたのは増録村の情
景だった。


-----------------------------------

渡辺 誠
よみがえる縄文人―悠久の時をこえて
大山 元
知ってびっくり!古代日本史と縄文語の謎に迫る
桂樹 佑
縄文土器に刻まれたDNA暗号
及川 征志郎
縄文の風
今村 啓爾
縄文の実像を求めて
佐藤 洋一郎
縄文農耕の世界―DNA分析で何がわかったか
池田 満
縄文人のこころを旅する―ホツマツタヱが書き直す日本古代史
佐藤 真生
縄文魂―文明にすがる人間は救済する価値もない
鈴木 道之助
図録・石器入門事典 (縄文)
佐原 真, 小林 達雄
世界史のなかの縄文―対論
小川 忠博
土の中からでてきたよ
岡村 道雄
縄文の生活誌
池田 満
ホツマ縄文日本のたから
池田 満
『ホツマツタヱ』を読み解く―日本の古代文字が語る縄文時代
橋口 尚武
海を渡った縄文人―縄文時代の交流と交易
梅原 猛, 中上 健次
君は弥生人か縄文人か―梅原日本学講義
佐治 芳彦, 鈴木 旭, 関 裕二, 高橋 良典, 幸 沙代子
日本超古代文明のすべて―「大いなるヤマトの縄文の遺産」を探究する!
太田 龍
縄文日本文明一万五千年史序論
佐々木 高明
縄文文化と日本人―日本基層文化の形成と継承
岡田 康博, NHK青森放送局
縄文都市を掘る―三内丸山から原日本が見える
川野 博之
縄文杉に集まった二十二人の子どもたち
岡村 道雄
縄文の生活誌
久慈 力
『もののけ姫』の秘密―遙かなる縄文の風景
町田 宗鳳
縄文からアイヌへ―感覚的叡知の系譜
笹谷 政子
日本語の起源〈第2部〉続・縄文語
大山 元
古代史料に見る縄文伝承―縄文とアイヌの関係を学際的見地から分析
小林 達雄
縄文人の世界
ネリー ナウマン, Nelly Naumann, 桧枝 陽一郎
生の緒―縄文時代の物質・精神文化
秋元 信夫
石にこめた縄文人の祈り・大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)
白石 浩之
石槍の研究―旧石器時代から縄文時代初頭期にかけて
佐原 真
稲・金属・戦争―弥生
関 裕二
いま蘇る縄文王国の全貌―八世紀大政変に隠された東西日本の合併と破綻
泉 拓良, 西田 泰民
縄文世界の一万年
テレビ東京, 東京12チャンネル=
海を越えた縄文人―日本列島から太平洋ルートで南米まで1万6000キロの壮大な旅
梅原 猛
梅原猛著作集〈6〉日本の深層
百瀬 高子
御柱祭 火と鉄と神と―縄文時代を科学する
楠戸 義昭
神と女の古代
渡辺 仁
縄文土偶と女神信仰
奥成 達, ながた はるみ
昭和こども図鑑―20年代、30年代、40年代の昭和こども誌
石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 東横・東映チャンバラ黄金時代昭和20年代―石割平コレクション
石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 太泉・東横・東映女優篇 昭和20年代―石割平コレクション
石割 平, 円尾 敏郎
日本映画スチール集 大映女優篇 昭和10・20年代―石割平コレクション
西川 隆
「くすり」から見た日本―昭和20年代の原風景と今日
浦原 利穂
終戦直後 大阪の電車―昭和20年代の鉄道風景 浦原利穂写真集
前田 重治
原光景へ―私の精神分析入門
上総 英郎
原初の光景 (1972年)
津野 祐次
光と山気の交響曲(シンフォニー)―信州四季光景
アイ・ヴィー・シー
魔の山
ジェネオン エンタテインメント
ウェールズの山
ジェネオン エンタテインメント
山の郵便配達
エスピーオー
天上の剣-The Legend of ZU-
ビデオメーカー
NHKスペシャル 地球大進化・サウンドトラックDVD 映像と音楽で迫る地球46億年のタイムスリップ
東宝
風林火山
ビデオメーカー
曖昧(猥褻ネット集団 いかせて!!)
NHKエンタープライズ
NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅 第4集 大量絶滅 巨大噴火がほ乳類を生んだ
アイ・ヴィー・シー
嵐が丘
GPミュージアムソフト
嵐が丘
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
嵐が丘
ジェネオン エンタテインメント
嵐が丘 デラックス版
ビクターエンタテインメント
嵐が丘LIVE
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
DVD Station 50 #2 (スタジオ・クラシック・シリーズ)

« 小説  新昆類  (2)  【第1回日経小説大賞第1次予選落選】 | トップページ | 動画 「匂イノ森ニ密メク」  北鎌倉浄智寺野外舞踏 »

小説 新昆類」カテゴリの記事