2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【舞台リハーサル写真集】 境野ひろみ舞踏 「亡列路」 | トップページ | 安倍晋三様、NHK様、電通テレビ局様は、「満州帝国」の系譜 総動員体制に向かう日本 »

2006年12月14日 (木)

黒い首相 安倍晋三の正体は売国奴 【新じねん・日々雑感】


06/01/28 (土)

安倍晋三を輩出した岸家、その系譜


★ディビット・カプラン+アレック・デュプロ共著「ヤクザ」


 第三章、手をつなぐ右翼-黒幕時代到来 111-112頁より


 岸信介が権力を持つに至った本来の基盤は日本の傀儡政権満州国にあった。なかには彼のことを「満州国の統治者」と呼ぶ者もいた。満州国の「発展」を支援するために満州国にやってきた右翼やヤクザの助けを借りて、岸は当地に事務所を構えていた。満州を離れた後は、東条軍部内閣の商工大臣そして国務省兼軍需省の次官を務めた。


 岸は米当局によってA級戦犯として捕らえられたが、奇妙なことに1948年12月23日に釈放された児玉や他の戦犯と一緒に拘置所を出た。その後、岸は世界でも稀な政界への復帰を果たした。


 1952年に公職追放が解除されるや、岸は政界に入った。政府内の主な右翼と同盟を結び、抜け目ない一連の行動で岸はすぐに中央の舞台へと進んだ。1955年には自民党幹事長、さらに進んで吉田の後継者・石橋湛山内閣では外務大臣になった。しかし、石橋が病気のため三ヶ月で辞任すると、岸はついに児玉のカネと影響力を後ろ楯に総理大臣へ一気に上り詰めていった。公職追放から僅か5年、戦犯の立場から釈放されて9年目の1957年2月、岸は総理大臣に就任した。巣鴨拘置所卒業生相互のこうした助け合いが、その後何年にもわたって日本の国政選挙の特色となるのであった。


○安倍晋三にとって岸信介は祖父にあたり、その祖父がウラ社会と持ちつ持たれつで総理にまで上り詰めたことを、どれほど認識しているのだろうか。とうの昔のことだと片付けられないのは、今やウラ社会がその膨大な資金と影響力をもって堂々とオモテ社会に登場してきたことである。全ては隠然たる陰の勢力を育んできたジイ様のお蔭である。やがて昭和の妖怪と呼ばれた岸信介の、その孫は、ジイ様同様に日本を支配する指導者となるやも知れない。いや、やがてどころではない数年の内に、である。そのときに安倍晋三新総理の晴れがましさの背後に、妖怪ジイ様の亡霊を垣間見る人は何人いるだろうか。


http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi0601/hibi-niisi060128.htm# 官房長官・安倍晋三を輩出した岸家、その系譜


【新じねん・日々雑感】
http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-new.htm

--------------------------------------

宮崎 学, 近代の深層研究会
安倍晋三の敬愛する祖父 岸信介
水島 愛一朗
安倍晋三の人脈
俵 義文, 魚住 昭, 横田 一, 佐高 信, 『週刊金曜日』取材班
安倍晋三の本性
現代政治問題研究会
自民党疑獄史 (1973年)
立花 隆
巨悪vs言論―田中ロッキードから自民党分裂まで〈下〉
鎌田 慧
くたばれ!自民党―13の症候群(シンドローム)
石川 真澄, 広瀬 道貞
自民党―長期支配の構造
水木 楊
誠心誠意、嘘をつく 自民党を生んだ男・三木武吉
蒲島 郁夫
戦後政治の軌跡―自民党システムの形成と変容
浅川 博忠
自民党・ナンバー2の研究
読売新聞政治部
自民党を壊した男小泉政権1500日の真実
白川 勝彦
自民党を倒せば日本は良くなる
建林 正彦
議員行動の政治経済学―自民党支配の制度分析
浅川 博忠
自民党幹事長〈三百億のカネ、八百のポストを握る男〉
江藤 俊介, 七里 和乗
自民党・創価学会・公明党―国民不在の連立政権・秘史
小林 英夫
満州と自民党
東京新聞取材班
自民党 迂回献金の闇 日歯連事件の真相
屋山 太郎
自民党・創価学会亡国論―日本を破滅に導く「致命的な欠陥」が、ここにある!
板垣 英憲
戦国自民党50年史―権力闘争史
鈴木 邦男
売国奴よ!―魂を売るべからず
チャルマーズ・ジョンソン, 村上 和久
アメリカ帝国の悲劇
ジョエル アンドレアス, Joel Andreas, きくち ゆみ, グローバルピースキャンペーン有志
戦争中毒―アメリカが軍国主義を脱け出せない本当の理由
木村 修三, 白鳥 令, 深谷 満雄
アメリカ軍国主義批判 (1970年)
井上 清
井上清史論集〈3〉日本の軍国主義
権 仁淑, 山下 英愛
韓国の軍事文化とジェンダー
間島 清豊
軍国主義から経済大国
清水 貢
実録 軍国教育―戦争で学校教育はどう変わったか
星野 芳郎
日本軍国主義の源流を問う
大貫 恵美子
ねじ曲げられた桜―美意識と軍国主義
岡野 篤夫
蘆溝橋事件の実相―平和主義から軍国主義へ
堀越 作治
軍国少年“Fe”の日記
三井 一男
「軍国少年」の遺言
榎本 朗喬
軍国少年日向タロー
石永 淳, 生方 恵一, 工藤 司朗, 伊藤 強, 桐井 加米彦
むかし、みんな軍国少年だった―小二から中学生まで二十二人が見た8・15
芹沢 茂登子
軍国少女の日記
永瀬 一哉
太平洋戦争・海軍機関兵の戦死―軍国日本に生きた青年の記録
塩原 美恵子
嵐の中のおんな先生―軍国教育と戦争への道 (1982年)
中内 敏夫
軍国美談と教科書
大川 孝平
軍国の詩
早川 紀代
軍国の女たち
清水 貢
実録 軍国教育―戦争で学校教育はどう変わったか
藤野 豊
厚生省の誕生―医療はファシズムをいかに推進したか
須崎 慎一
日本ファシズムとその時代―天皇制・軍部・戦争・民衆
長 幸男
昭和恐慌―日本ファシズム前夜
金 賛汀
検証・幻の新聞『民衆時報』―ファシズムの台頭と報道の原点
小林 正弥
丸山眞男論—主体的作為、ファシズム、市民社会
戒能 通孝
戒能通孝著作集〈第1巻〉天皇制・ファシズム (1977年)
筒井 清忠
昭和期日本の構造―二・二六事件とその時代
赤沢 史朗, 豊下 楢彦, 吉田 裕, 粟屋 憲太郎, 森 武麿
総力戦・ファシズムと現代史
大内 力
日本の歴史〈24〉ファシズムへの道
長谷川 高生
独裁から民主主義へ―スペインと日本
池田 順
日本ファシズム体制史論
安部 博純
日本ファシズム研究序説
村上 龍
村上龍自選小説集〈5〉戦争とファシズムの想像力
藤谷 俊雄
ファシズムと戦争の時代―青年たちはどう生きたか〈下巻〉
安田 常雄
日本ファシズムと民衆運動―長野県農村における歴史的実態を通して (1979年)
田中 惣五郎
日本ファシズム史 (1960年)
前島 省三
日本ファシズムと議会―その史的究明 (1956年)
吉見 周子
日本ファシズムと女性 (1977年)
潮流社編集部
日本ファシズムとその抵抗線―暗黒時代の生み出したもの (1948年)
日本現代史研究会
日本ファシズム〈2〉国民統合と大衆動員 (1982年)
三輪 泰史
日本ファシズムと労働運動
日本型ファシズムと「翼賛政治」の危険
早稲田大学社会科学研究所
日本のファシズム〈2(戦争と国民)〉 (1974年)
早稲田大学社会科学研究所
日本のファシズム〈3〉崩壊期の研究 (1978年)
星 亮一
会津藩VS長州藩―なぜ“怨念”が消えないのか
太田 龍
長州の天皇征伐

« 【舞台リハーサル写真集】 境野ひろみ舞踏 「亡列路」 | トップページ | 安倍晋三様、NHK様、電通テレビ局様は、「満州帝国」の系譜 総動員体制に向かう日本 »

安倍戦争内閣スキャンダル」カテゴリの記事