2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 越冬に入る | トップページ | あの『Shall we ダンス?』から11年。全世界が注目する周防正行監督の最新作 »

2006年12月 8日 (金)

【エドワード・サイード OUT OF PLACE】 明日(12/9)土曜、鎌倉で上映

【エドワード・サイード OUT OF PLACE】 明日(12/9)土曜、鎌倉で上映


out of place


サイードの遺志と記憶を辿る、佐藤真監督、渾身のロードムービー


http://www.cine.co.jp/said/


● 2006年12月9日(土) 午後7時  鎌倉生涯学習センターホール



鎌倉生涯学習センター



●入場料 1500円(前売1200円)


●主催 神奈川自主上映ネットワーク


●全国上映運動

 http://www.cine.co.jp/said/schedule.html


---------------

紀伊國屋書店
エドワード・サイード OUT OF PLACE
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 今沢 紀子
オリエンタリズム〈上〉
エドワード・W. サイード, 今沢 紀子
オリエンタリズム
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 大橋 洋一
知識人とは何か
A・グゼリミアン, 中野 真紀子, ダニエル・バレンボイム, エドワード・W・サイード
バレンボイム/サイード 音楽と社会
ベンジャミン・R.バーバー, 『ル・モンド・ディプロマティーク』日本語版編集部, イマニュエル・ウォーラスティン, エドワード・W・サイード
力の論理を超えて―ル・モンド・ディプロマティーク1998‐2002
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 今沢 紀子
オリエンタリズム〈下〉
エドワード・W・サイード, 中野 真紀子
裏切られた民主主義―戦争とプロパガンダ<4>
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 中野 真紀子, 早尾 貴紀
戦争とプロパガンダ
本橋 哲也
ポストコロニアリズム
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 浅井 信雄, 岡 真理, 佐藤 成文
イスラム報道
エドワード・W・サイード, 中野 真紀子
戦争とプロパガンダ 2
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 大橋 洋一
文化と帝国主義〈2〉
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 大橋 洋一
文化と帝国主義〈1〉
エドワード・W・サイード, 中野 真紀子
戦争とプロパガンダ 3―イスラエル、イラク、アメリカ
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 中野 真紀子
遠い場所の記憶 自伝
エドワード・W.サイード, 島 弘之
パレスチナとは何か
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 大橋 洋一
音楽のエラボレーション
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 大橋 洋一
知識人とは何か
エドワード サイード, Edward W. Said, 四方田 犬彦
パレスチナへ帰る
エドワード サイード, デービッド バーサミアン, Edward W. Said, David Barsamian, 中野 真紀子
エドワード・サイード ペンと剣
エドワード・W・サイード, 長原 豊
フロイトと非‐ヨーロッパ人
エドワード・W. サイード, 浅井 信雄, 佐藤 成文
イスラム報道―ニュースはいかにつくられるか
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 浅井 信雄, 佐藤 成文
イスラム報道
ビル アシュクロフト, パル アルワリア, Bill Ashcroft, Pal Ahluwalia, 大橋 洋一
エドワード・サイード
佐藤 真, 中野 真紀子, シグロ
エドワード・サイードOUT OF PLACE
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 中野 真紀子
オスロからイラクへ―戦争とプロパガンダ2000‐2003
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 大橋 洋一
音楽のエラボレーション
現代思想 (Vol.31-14)
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 大橋 洋一, 和田 唯, 近藤 弘幸, 三原 芳秋
故国喪失についての省察〈1〉
エドワード・W. サイード, タリク アリ, Edward W. Said, Tariq Ali, 大橋 洋一
サイード自身が語るサイード
シェリー ワリア, Shelley Walia, 永井 大輔
サイードと歴史の記述
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 村山 敏勝, 三宅 敦子
人文学と批評の使命―デモクラシーのために
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 山形 和美
世界・テキスト・批評家
テリー イーグルトン, 増淵 正史, Terry Eagleton
民族主義・植民地主義と文学
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, 山形 和美, 小林 昌夫
始まりの現象―意図と方法
エドワード・W. サイード, デーヴィッド バーサミアン, Edward W. Said, David Barsamian, 中野 真紀子
ペンと剣
エドワード・W. サイード, Edward W. Said, Jean Mohr, 島 弘之, ジャン モア
パレスチナとは何か

« 越冬に入る | トップページ | あの『Shall we ダンス?』から11年。全世界が注目する周防正行監督の最新作 »

映画・テレビ」カテゴリの記事