2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新聞をとらず、テレビは一切見ず、ラジオだけ聞いたらよがんべな、もし | トップページ | 【エドワード・サイード OUT OF PLACE】 明日(12/9)土曜、鎌倉で上映 »

2006年12月 5日 (火)

越冬に入る

越冬に入る

昨日から電器ストーブをつけはじめた。 電気代 10月 1664円。     11月 2233円。 12月から3月末までが越冬の時期。 電気代がかさむが、のりきっていくしかない。 テレビは一切、見ないことにした。 ニュースはラジオを聞く。 テレビは見ただけで洗脳されてしまう。 見なければ電気代節約にもなる。 部屋には蒸気を出す加湿器が必要。 ペットボトル活用式 1980円、買ってきた。 電器こたつは壊れ、テーブルのみ使用している。 「湯たんぽ」はペットボトルにお湯を入れ、活用する。 ペットボトルも便利だ。 女は46歳で死ぬ人間が多い。 自分の妹もガンで46歳で死んだ。 男は56歳で死ぬ人間が多い。 なんとしても危機の56歳をのりきりたいと思う。 あと2年後に迫る。 酒が弱くなったと思う。 一番いけないのは、酒を飲みながらタバコを吸うことだ。 内臓が弱くなっている。 体操をはじめようかと思う。 テレビをつけないと本当に夜は静かだ。 本日の産経新聞文化欄に前進座の嵐圭史による木下順ニ哀悼文が掲載されていた。 知盛 「おれのなかではらりと落ちるものがあった……」 自分が「子午線の祀り」を見たのは、1979年だった。岩波ビルの大会議室で毎月やっていた「ことばの勉強会」にも参加したことがある。加藤周一が「ローマ帝国衰亡史」を読んで解説してくれた。 「子午線の祀り」は民芸の宇野重吉演出。プロローグは宇野重吉による語り。俳優座の滝沢修は四国の安部一族。狂言の野村万ノ丞は義経の役だった。日本演劇界の総力をあげた演劇だった。



子午線の祀り・沖縄―他一篇 子午線の祀り・沖縄―他一篇

著者:木下 順二
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

現代日本戯曲大系〈11〉 現代日本戯曲大系〈11〉

販売元:三一書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読む。平家物語 読む。平家物語

著者:嵐 圭史
販売元:武蔵野書院
Amazon.co.jpで詳細を確認する

花の道草 花の道草

著者:嵐 圭史
販売元:中央公論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いま ふれ愛―花形役者が語る生協ロマン

著者:嵐 圭史
販売元:かもがわ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 新聞をとらず、テレビは一切見ず、ラジオだけ聞いたらよがんべな、もし | トップページ | 【エドワード・サイード OUT OF PLACE】 明日(12/9)土曜、鎌倉で上映 »

文化・芸術」カテゴリの記事