2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三島由紀夫「鏡子の家」とオールビー「動物園物語」 | トップページ | 隠し通したい偽装がある 【安晋会】 姉葉大作 »

2007年2月 9日 (金)

四方田犬彦 「先生とわたし」 新潮3月号を読む

四方田犬彦 「先生とわたし」 新潮3月号を読む 2007年02月09日
先生とわたし


四方田犬彦


--------------------------------------------------------------------------------


     プロローグ

 1990年8月10日、わたしは久しぶりに神戸にいた。

 その前日まで、わたしは暗黒舞踏の集団の合宿に招かれ、数日を熊野の山中にある小学校の廃校で過ごしていた。朝早くに鬱蒼とした森を抜け、汽車で新宮から天王寺まで出ると、その足で神戸に向かう。かねてから文通をしていた俳人の永田耕衣に会うために、須磨に行く計画であった。西宮に生まれたわたしにとって、須磨は水族館のある海辺の美しい町として、幼いころより親しみのある場所だった。だが運の悪いことに、耕衣さんの都合がつかなくなり面会がかなわなくなった。急に午後が空いてしまったわたしは、なすすべもなく南京町を抜け、神戸埠頭の前に立って、呆然とした気持ちを持て余していた。晴天である。空がどこまでも巨大な炎であるかのように高く見え、とても日中にこれ以上は町を散策する気になれなかった。わたしは何か冷たいものでも飲もうと喫茶店に入った。このとき偶然に手に取った新聞の死亡欄で、わたしは由良君美の死を知った。

http://www.shinchosha.co.jp/shincho/200703/yomota.html

-------------------------

図書館で新潮3月号を読む。

四方田犬彦 「先生とわたし」400枚の長篇批評
前半を読む。後半は「仮面劇とマダン劇」を紹介した
久保覚が登場する。なかなか面白い。

2年前、図書館で、新潮に掲載された
四方田犬彦の「ハイスクール1968」を読んだが
これも面白かった。

70年代後半から80年代初期、黒テンテが発行している小雑誌は
読み応えがあった。
久保覚も関わっていたからだと思った。



仮面劇とマダン劇




ハイスクール1968

漫画原論



指が月をさすとき、愚者は指を見る



中上健次と熊野



アジア映画の大衆的想像力

« 三島由紀夫「鏡子の家」とオールビー「動物園物語」 | トップページ | 隠し通したい偽装がある 【安晋会】 姉葉大作 »

文化・芸術」カテゴリの記事