2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第14回読売演劇大賞 最優秀作品賞=「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」 シス・カンパニー  | トップページ | 四方田犬彦 「先生とわたし」 新潮3月号を読む »

2007年2月 8日 (木)

三島由紀夫「鏡子の家」とオールビー「動物園物語」

三島由紀夫「鏡子の家」とオールビー「動物園物語」

三島由紀夫の小説「鏡子の家」のラストシーンは強烈なイメージである。
寺山修司の映画ではエレベーターの扉が開くと、そこは恐山。
ドアをけると、そこは海の怒涛の波。
寺山修司映画のごとく、「鏡子の家」はイメージあふれるラストシーンである。

-----------------------------

 玄関の扉があいた。ついでに客間のドアが、おそろしい勢いで開け放たれた。
その勢いにおどろいて、思わず鏡子はドアのほうへ振向いた。

 七疋(ひき)のシェパアドとグレートデンが、一度きに鎖を解かれて、ドアから
一せいに駈け入って来た。あたりは犬の咆哮(ほうこう)にとどろき、ひろい客間は
たちまち犬の匂いに充たされた。

        三島由紀夫「鏡子の家」

                   1958年3月17日 起稿
                   1959年6月29日 脱稿

------------------三島由紀夫34歳のとき書き下ろし単行本として
         新潮社から、1959年の9月に、上下2巻同時に発行される。

エドワード・オールビー「動物園物語」は、「30歳になる自分自身のために」
1958年の2月に起稿、3月に脱稿。
初演は1959年9月28日、ベルリン・シラー劇場のスタジオで、不条理演劇
ベケットの芝居と一緒に公演を迎える。

三島由紀夫「鏡子の家」とオールビー「動物園物語」には
世界同時性がある。

「鏡子の家」清一郎と藤子の散歩。ニューヨーク、セントラル・パーク。公園のシーン。

「動物園物語」ジェリーとピーターによる「劇的狂気」の場所こそ
悲しき巨人、世界一の都市、ニューヨークの公園、セントラル・パークだった。



三島由紀夫エロスの劇

三島由紀夫

鏡子の家改版

« 第14回読売演劇大賞 最優秀作品賞=「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」 シス・カンパニー  | トップページ | 四方田犬彦 「先生とわたし」 新潮3月号を読む »

オールビー「動物園物語」」カテゴリの記事