2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロバート・ゼーリック 【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】 | トップページ | 【アメリカの 犬の首輪で 吊るされる】 松岡農相の暗殺を陰謀論として語る »

2007年6月 2日 (土)

恐怖!ケムトレイル散布大気から採取したサンプル分析写真等 【4つの目で世の中を考える】

恐怖!ケムトレイル散布大気から採取したサンプル分析写真等
STRANGE DAYS STRANGE SKIES に、ケムトレイルによる健康への影響を科学的に詳しく書かれていたので、そこから貴重な画像と簡単な説明を翻訳してみました。
これまで、ケムトレイルのことについて書かれてるサイトはそこそこあったけど、こういう観点から詳しく書かれてるのは私ははじめてみました。
元記事サイトには、それぞれリンクが付いてるので、詳しくはそちらで見ていただきたいと思います。
(以下、自分で翻訳したので多少間違ってるところがあるかもしれませんm(__)m)

  -----------------------------------------------------------------------

私たちは今、臭化エチレンや、アルミとバリウムのナノ微粒子、それに未確認のバイオ活性物質を伴ったプラスイオンポリマー繊維などの漂った空気の中で呼吸している
警告も、助言も、相談もされることなく、ケムトレイルによって重大な危険の中に生きている。
ケムトレイルの撒かれた大気のサンプル中に、乾燥した赤血球奇妙に変形したバクテリアといった変異型が含まれていることが報告された。

新世界秩序の思惑で、ケムトレイルを撒き、HAARPの発する電磁波によって、有毒バリウムの空、気象操作、マインドコントロール、人口抑制されている。
私たちの健康はケムトレイルによって惹き起こされる肺癌、喘息、その他肺・呼吸器疾患等の急増によって立証される攻撃下にある。
私たちの自然環境と惑星の天候システムは、ケムトレイルの雲で太陽光が遮られ地上に到達する太陽光が20%減少するという異常気象によって、アメリカ西海岸地域の生態系がほぼ完璧に崩れ、また記録的な最大級の竜巻やハリケーンをいくつか惹き起こした
私たちの空は、バリウム/アルミニウム微粒子と、臭化エチレンのケム雲によってますます曇っている。
大気や海洋に撒かれたこれらの微粒子は、この惑星に住むあらゆる生物の健康に危険を及ぼす。
私と私の家族の健康は、すでに深刻な影響を受けている。
この問題は、主要メディアが報道しないので、我々が言論で訴えていくのが唯一の方法だ!

c5c1
c8

思いがけないデータ、
強烈な新証拠!

ラジオ番組の音声 (英語です)

Anne Dill(Funtigo.com)

c2左上の写真は、ケムトレイルのエアロゾル繊維を60倍拡大したもの。

ポリマー化学者 R. Michael Castle博士は、永年大気ポリマーを調査してきた。
彼は、それらのいくつかは皮膚から吸収され、深刻な皮膚損傷および病気を引き起こすバイオ活性物質を含んでいることを発見した。 彼はウイルスと一緒に、遺伝子操作で変異された真菌体で構成されるポリマー微粒子を同定した。 彼は、強力なmico毒素を分泌する無数のフザリアム(菌類) /変異したウイルスの胞子が私達の呼吸する空気に含まれていると言う。
Amy Worthington(GlobalResearch.com)
c3

Morgellonの病原体の出現によって新しい病気が発生し、専門家は困惑している。
繊維は複雑だ。
皮膚損傷は通常、回復困難な疲労および頭脳の減損も同時に起こる。
この新しい繊維の病気は、chemtrailが撒かれたのと同じ時間スパンで起こっている。

MORGELLONS米国

c6Morgellonの1人の被害者からのレポート:
「1998年撒かれた時、私は庭で作業をしていた。 天候は暖かく特別湿気があり、粘着性がある。 一時、私は無意識に首を掻くと、指の爪に白い繊維の塊がこぶりついてるのに気づいた。 不思議に思って私はあらゆる露出した部分の皮膚をひっ掻いてみると、そのどこからも繊維の塊が付いてきた。 衣類に覆われた部分の皮膚はどこにも繊維は付いてなかった。 私たちの生活しているところの空気中には、それほど多くの繊維が含まれているということだ。 数ヵ月後には、奇妙な皮膚の症状がではじめ、不快な気分になった。 これら大気中の繊維が、私にMorgellonsを発症させたことに関与していることはまず間違いないだろう。

c9
科学者Clifford Carnicomの研究によって、大気中に極めて高レベルの毒かびが含まれていることが明らかになった。
これは人間の健康にとって容認できない状況だ。

Clifford Carnicom
c10

ケムトレイル繊維中に含まれる赤血球
c11雨水の汚染

採取した雨水には、アルミとバリウムの微粒子による深刻な汚染が見られる

ESPANOLA研究所での試験
c7

私たちの脳に含まれるナノ粒子

ナノ粒子、それは極めて小さい物質で・・
空気を吸うと脳内に入り動きまわることが米国の研究者によって明らかにされた。

Jim Giles( Nature.com)

TOXICOLOGY OF NANOPARTICLES
c4
ケム雲に覆われてる地球

地球上空の大気が、ケムトレイルと、ケム雲に完全に覆われていることが、この最近撮影したsatの画像で明らかに見てとれる。


  -----------------------------------------------------------------------

繊維の塊・・・
これは以前UPしたビデオの冒頭部分にネバネバの物が出てくるけど、たぶんこれが大量にまとまって降ってきたもんでしょうね。

それにしても、赤血球まで混ぜて撒いてるって・・・
考えただけで気持ち悪い (;^_^A アセアセ

ウイルスや真菌なんかを変異させたものを撒いてるってことからしても、いろんな新しい病気が次々大発生してるのは、おそらくこれによるもんだろうという可能性が高いね!
ごく最近では、ハシカが大流行してるし・・・
やっぱり一連の大流行した病気(SARS、鳥フル、麻疹、etc)は、ケムトレイルによる人為的な仕業だったか!?
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=296

4つの目で世の中を考える

« ロバート・ゼーリック 【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】 | トップページ | 【アメリカの 犬の首輪で 吊るされる】 松岡農相の暗殺を陰謀論として語る »

ケムトレイル」カテゴリの記事