2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今こそ反転攻勢へ! 2月12日(土)は大阪御堂筋デモに全国から、ほがらかに集まりましょう! | トップページ | 愛知県と名古屋市で敗北した「菅内閣」と「岡田民主党幹事長」は、今すぐ辞任しろ! 2・12大阪御堂筋デモへ! »

2011年2月 5日 (土)

「菅内閣打倒! 国民の生活が第一! 鈴木宗男獄中闘争連帯! 小沢一郎を総理大臣へ!」鎌倉デモ、内容コンテンツ第二次発表

--------------------------------

無名の人が、それぞれの場所で、それぞれに立ちあがるだろう

あれこれいい、付和雷同したり、難癖ツケはごまんといるが、たたかいは、つねに、ひとりだ。

ひとが、かわりにたたかってくれるわけじゃない。
誰しも、ひとりでたたかい、ひとりで、くたばっていくもんだ。

http://blog.goo.ne.jp/uhi36845-002/e/39e38c8deeeeb2e7c574bc7816504fcf

田中洌

---------------------------------------------------





●人を信じる力、鎌倉より、日本全国全世界に向けて発信し、人の心との回路を開く。フランス革命より222年後の今、鎌倉から
 21世紀2010代における新たなるたたかいの思想「生活が第一!」革命実践闘争を開始する。「生活が第一!」革命とは人間に
 とって古代から現代まで貫く、必要であり、第一命題である。全世界民衆の根源生命基盤である。「生活が第一!」革命とは人間の
 生命潮流である。わたしたちは「生活が第一!」の父と母から誕生した人類の子、地球の子であり、星の、宇宙生命の子である。

 あらゆる分野で人の心の中から起動する2010年代を、800年の都たる鎌倉の心が領導する。運慶の仏像を見よ! 
 「いま、ふたたび鎌倉へ」これが合言葉だ。全国で小沢一郎支持者は500万人存在する。関東各地の小沢一郎支持者応援者を鎌倉に結集させよう。

 生活、第一は、世界の愛の言葉。
 自立と共生は、人類の愛の言葉。

 小沢一郎氏を総理大臣へ! 菅内閣打倒! 国民の生活が第一! 鈴木宗男獄中闘争連帯! 鎌倉から地底生命からの雄叫びをあげよう! 

●期日 2011(平成23)年2月27日(日)

●主催 国民の生活が第一! 鎌倉の会   鎌倉NPO団体
http://www.kcn-net.org/npo/503.html

●後援 
     権力とマスコミの横暴に抗議する国民の会・新潟 
  
       
   
「権力とマスコミの横暴を正し、人権を守る国民の会」in入間

●集結 鎌倉商工会議所地下ホール 「国民の生活が第一! 学習会」       (会場使用料金支払い済み)  定員 150名 

鎌倉商工会議2

鎌倉商工会議所

鎌倉商工会議所 JR横須賀線鎌倉駅西口から徒歩4分、鎌倉市役所前
   

●開場     13時15分

     第1部  舞踏「アテルイ」
                  公開稽古、公開ゲネプロ、本番 
                   出演者 鎌倉デモ参加者
   13:15~13:55

13時15分開場の鎌倉商工会館地下ホールにおきましては、デモ参加者への舞踏「アテルイ」の動き振り付け説明、13時30分から音響も入れた通し、13時45分から本番、と考えております。舞踏「アテルイ」は15分の作品です。動きは3点ほどあります。1、腰をすこし落とす。2、両手でイメージの玉をかかえる。そのイメージの玉に想念を送り込む、それは子供の頃の故郷の風景でもあり、鈴木宗男氏を獄中から奪還するイメージでもあり、小沢一郎氏が総理大臣になるイメージの念を両手でかかえるイメージの玉に送り込んでいただきます。

観客席通路から舞台へと一列になって、ゆっくりと
歩行していただきます。舞台にあがったら、玉をもった両手は上下に動き、信濃川、あるいは隅田川のとうとうした川の水の還流を表現していただきます。ここで源流たる「小沢」を表現していただきます。一列の歩行は舞台で円をつくり、また観客席通路へと流れ歩行していただきます。

 

第1部 「アテルイ」出演希望の方々へ

まず、テキストとして

------------------------------------
『火怨』(かえん)は、高橋克彦の長編歴史小説。

平安時代初期の東北地方を舞台にした坂上田村麻呂とアテルイの戦いを、アテルイ・蝦夷の視点から描かれている。

1999年10月発行。2002年に講談社で文庫化された。第34回吉川英治文学賞受賞作品である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E6%80%A8

---------------------------------------
高橋克彦の長編歴史小説である「火怨」をテキストとして事前に読んでいただきますよう、お願い申し上げます。  

---------------------------------------------

 第1部 「アテルイ」鎌倉デモ参加者ご出演による15分の舞踏作品におきまして、わたしは小沢一郎氏の故郷、岩手県の奥州市水沢、アテルイの根拠地であった水沢に想念を送り、天に届く御柱を打ち立てます。コンセプトは「水」であります。「小沢」とは海にそそぐ大河の源流であります。そして「水」の神こそ諏訪神社であります。

そこにおける「一郎」とは日本を根底から立て直す人間であります。

-------------------------------------------------------------


     第2部  鎌倉デモ参加者による発言  14:00

「新潟からの報告」      小池克弥 (10分)

「埼玉入間からの報告」   田中洌  (10分)

「東京からの報告」      小吹伸一 (10分)

   その他



     14時50分終了

●鎌倉商工会議所地下ホールより、デモ出発  15時

1時間20分デモ 練り歩き  鎌倉駅西口方面から六地蔵交差点、さらに下馬交差点、若宮大路から鶴岡八幡宮方面へ、鶴岡八幡宮境内前第3鳥居前でUターン、若宮大路を鎌倉の海をめざす。途中、若宮大路公園にて流れ解散。
                デモ終点 16時20分。

2月27日鎌倉デモ出発15時、そして終結は16時20分の公園であります。
天気であれば美しい鎌倉の夕陽をあびながら、湘南の潮風を受けながらデモ参加者は行進いたします。

流れ解散の公園で、わたしは天に感謝し、御礼し、天に奉納する舞踏を無音静かな中、おどりたいと思っております。この時間は幻美の時間であります。縄文文明から現代まで継続してきた日本と天に感謝し、その御礼、奉納する舞こそ、小沢一郎氏の心たる礼節に通じていくと思っております。デモ参加者の方にも、よければぜひおどっていただければと思っております。

振りは2点のみです。
1、腰をすこしおとす。2、両手を上下に動かし、日本の源流たる「小沢」を表現する。中心軸である公園の灯、それはまっすぐに天に伸び宇宙と交信している。その周りを円となってゆくりと移動しながら、舞う。

1時間20分のデモ、そして夕方、腹がすきます。流れ解散地点の隣は回転寿司店であります。そこをご利用ください。親睦会は小町通りの一番安い居酒屋を考えております。

------------------------------------------

     デモに関しては現在、予定であります。これまで鎌倉警察暑と3回、相談いたしました。
     2011年2月14日(月)鎌倉警察暑に行き、その後、正式発表となります。

     鎌倉デモのコンテンツ内容は、2011年(平成23)年2月27日(日)まで更新されていきます。

        「国民の生活が第一!鎌倉の会」

    神奈川県鎌倉市植木170-3 吉田ハイツ102 
                      塚原勝美
            TEL=0467-46-2892               
        Eメール  katumi@mrj.biglobe.ne.jp

« 今こそ反転攻勢へ! 2月12日(土)は大阪御堂筋デモに全国から、ほがらかに集まりましょう! | トップページ | 愛知県と名古屋市で敗北した「菅内閣」と「岡田民主党幹事長」は、今すぐ辞任しろ! 2・12大阪御堂筋デモへ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事