2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2007年6月13日 (水)

新じねん・日々雑感 【年月めにゅう】

続きを読む "新じねん・日々雑感 【年月めにゅう】" »

2006年4月30日 (日)

与謝野晶子詩篇 「君死にたもうなかれ」 【おーるさんが残した動画】 新じねん

与謝野晶子詩篇 「君死にたもうなかれ」 【おーるさんが残した動画】

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi0501/hibi-niisi050117.htm

晶子詩篇全集

與謝野晶子

http://www.aozora.gr.jp/cards/000885/files/2557_15784.html

【青空文庫】


 

新じねん・日々雑感 年月メニュー

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-nengetu.htm

【新じねん】  http://csx.jp/~gabana/index.html
【新じねん保存サイト】  http://oriharu.net/gabana_n/

2006年4月27日 (木)

おーるさんの2002年8月22日 日誌 【新じねん】

02/08/22 (木)
気温23-24北北東やや強風→南東の微風
 昨夜からLANボードの設定を繰り返し、とうとう日を跨いで今日になってしまった。現在午前1時30分頃、これは外付けハードディスクを切り離して書いている。ハードディスクを繋ぐとウィンドウズ画面に移行せず、初期画面に戻って無限にループするのである。LANボードを組み入れたためのトラブルと思われるが、これではパソコンが使えない。ADSL導入を前提としたLANボード購入だったが、ここにきて一旦断念せざるを得ないようである。これよりLANボードを外し、再びハードディスクを接続して元に戻すつもりだ。東京の弟も心配して電話でいろいろアドバイスしてくれたが、ADSL導入はまたの機会にゆずることにしたい。LANボードの価格が安価であるため、痛手は少ないというものだ。ものは考えよう、プラス思考で収めたい。
 一昨日から急にアクセス数が増加している。いつもは50~60カウントなのに、80~90カウントに跳ね上がっている。数人の方々から「キュウイの四季が良かった」とのお褒めの言葉を頂いた。私にとってこういうメールが最も励みになる。ありがとう。私としてはEND表示をしなかったことや、映像画面が大きすぎたことなどの不満が残っている。次の癒し系作品も準備しているが、私自身の疲れを癒したいためもあって、あまり凝ったものは逆効果になる。癒しのためにつくるはずが、懲りすぎて疲れては何にもならない。面白がって気楽にやっていきたい。それでも最近では、面白がるにも気力が要るようになってきた。元々リラックスできない性分なのかも知れない。元気はどうしたら出るのだろう?今のところ、疲れたら寝てしまうことしか思い浮かばない。というわけで夜もふけたので眠ることにする。

 朝のテレビでまだ動脈硬化シリーズが続けられていた。それだけ患者数が増えているということだろう。今日は予防がテーマで、野菜と魚の摂取、つま先でのリズミカルな歩行、少食よるカロリー制限などで予防できるとのこと。私の場合、意図的ではないがかなり体重が落ち、知った人に会うたび「ずいぶん痩せたね」と言われる。以前は80キロを越す体重だったが、今は70キロになっている。10キロ以上減量したことになる。金欠のため食事内容が制限されたことが幸いしているようだ。貧乏よアリガトウ、そして出来るだけ早くサヨナラしようね。

【視聴予定】
19:30-20:00 クローズアップ現代 紛争地の子供・日本での対話
21:54-23:10 ニュースステーション 建設中の高速道路も凍結?猪瀬直樹 VS 地方▽功明ちゃん誘拐殺人事件…時効まで3週間
 

http://csx.jp/~gabana/Sizen/Zizi/hibi0208/hibi020822.htm


 

新じねん・日々雑感 年月メニュー

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-nengetu.htm

【新じねん】  http://csx.jp/~gabana/index.html
【新じねん保存サイト】  http://oriharu.net/gabana_n/

おーるさんの2002年8月21日 日誌 【新じねん】

02/08/21 (水)
北東の風(やや強風)

 今日は朝から気温25度前後の、もう秋の気配を感じさせる抜けるような青空が広がっている。こんな時には仕事のことも忘れて、野原に飛び出したくなる。山もいいが、海もいい。浜辺に打ち寄せる波、その潮騒の音と海の匂いが五感をくすぐってくる。今年はまだ一度も海と対面していない。自転車を走らせて30~40分ぐらいすれば海が見えてくる。まるで恋人に会いにいくようなワクワクした気持ちになる。海が恋人ならば、山は懐の深い自然の教師だ。塩をまぶしただけのオニギリを食べながら、小高い山のてっぺんから海を望む。それだけで十分幸福感を堪能できるのだ。今度の仕事を終えたら自然の中へ入っていこう。心の綻びを修復するように、今はただ癒されたい気持ちだ。

 仕事をつづけている間、足にむず痒い鈍痛を感じていたが・・・夜、タバコを買いに行ったとき、ふと軽快な足の具合に気付く。これまでの体験から、これを契機に快方に向かうことを確信する。およそ半年ぶりの回復である。今後半年に渡って足の痛みは全く感じないはずだ。あれほどの足の痛みが嘘のように消えていく。これだから仮病に思われても仕方がない。夏に松葉杖をついていたかと思えば、冬には足早に歩いていたりする。かと思えば冬に痛み出し、夏に回復に向かうこともある。季節の寒暖には関係のない炎症のリズムがあるようなのだ。毎年その繰り返しである。どうやら単なる動脈硬化ではないようだ。いずれ医師の診断をあおぎたい。これで海でも山でも自由に行ける。普通に歩けるということが、どんなに素晴らしいことか・・・半年間、痛みに耐えてきただけに実感している。

【視聴予定】
■19:30-20:00 NHK総合 クローズアップ現代 中国・携帯電話市場をねらえ
■20:00-20:45 NHK総合 その時歴史が動いたスペシャル1戦い!その決定的瞬間 信長と秀吉、勝利の方程式▽新選組突入
■21:15-22:00 NHK総合 その時歴史が動いたスペシャル2戦い!女性たちの決断 卑弥呼利家とまつ、皇女和宮の祈り
■22:54-23:28 日本テレビ 出来事 リストラ後再就職は海外で
■23:30-24:40 フジテレビ ニュースJAPAN 控訴審…薬害エイズ

http://csx.jp/~gabana/Sizen/Zizi/hibi0208/hibi020821.htm


 

新じねん・日々雑感 年月メニュー

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-nengetu.htm

【新じねん】  http://csx.jp/~gabana/index.html
【新じねん保存サイト】  http://oriharu.net/gabana_n/

おーるさんの2002年8月20日 日誌 【新じねん】

02/08/20 (火)

 昨夜はNHK総合の「シャーリー・マクレーン自らを語る シナトラとの出会い▽愛と喝采の日々」の番組をみていた。シャーリー・マクレーンの弟は映画「レッド」をつくったウォーレン・ビューティであることは六月の日誌で書いている。(6月25日の日誌

シャーリー・マクレーン
Shirley MacLaine
Shirley MacLean Beatty1934/4/24-
Beatty ウォーレン・ビューティ
Warren Beatty 1937/3/30-
ナタリー・ウッド(ナタリー・グルディン)
Natalie Gurdin 1938-1981

820a

820b

 余談ながら・・・今夜はいろんな人に電話したが、とりわけ地元の某先生がこれ見ているとは知りませんでした。かつてはいろいろお世話になりました。権力におもねない生き方、誰が何と言おうが私は支持しております。他の人には何のことか分からないと思うが、私が個人的に「信念の人」と尊敬している人物ということで了解いただきたい。

【視聴予定】
■19:30-20:00 NHK総合 クローズアップ現代 追跡・大阪替え玉死亡事件
■22:00-23:00 NHK総合 NHKニュース10 ▽何が日本ハムを誤らせたのか…企業トップの責任は▽原子力艦船事故で初の防災訓練▽蔵王幻の滝
■22:54-23:50 TBSテレビ 筑紫哲也NEWS23 アフガン軍

Senkuroyoko

Senkurokado6

Senkuroyamigi

Senkurokado3

Senkurokado4

Senakakado1

Senakatate

Senakakado2

http://csx.jp/~gabana/Sizen/Zizi/hibi0208/hibi020820.htm


 

新じねん・日々雑感 年月メニュー

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-nengetu.htm

【新じねん】  http://csx.jp/~gabana/index.html
【新じねん保存サイト】  http://oriharu.net/gabana_n/

おーるさんの2002年8月19日 日誌 【新じねん】

02/08/19 (月)
 昨夜のテレビ番組「あるある大事典」では母性本能のメカニズムを科学的に解明していた。遺伝子「Fos B」には、内側視索前野に働きかけて「守る」といった母性行動を起こすようプログラムされている。その内側視索前野の働きを高めるのがホルモン物質「プロラクチン」で、このプロラクチンがなければ母性行動は疎外されるのだという。プロラクチンは睡眠中に体内でつくり出され、光の刺激があるとその量は大幅に減少する。つまり灯りを付けっぱなしで寝るとか、光が射し込む夜明けに頃にしか眠れない人はプロラクチンが不足する。睡眠を促すホルモン「メラトニン」はプロラクチンの生成を助ける働きがあり、そのため光の刺激でメラトニンが少なくなり、睡眠中につくられるべきプロラクチンも少なくなってしまう。プロラクチンは下垂体でつくられ、伝達神経を経て内側視索前野へと向かい母性行動を促すが、嗅覚などによる体験が浅いと伝達がうまく機能しなくなることもあるらしい。つまり環境によっても大きく左右されるということである。
目撃者によって描かれた広島爆心地
下の女性の遺体は赤ん坊を抱いている。

 原爆投下後の広島や長崎、そして東京空襲の焼け跡からも、我が子を抱いたまま焼死した痛ましい母親の遺体が見られたという。実際にその記録写真も残っており、自分の命を盾にしても我が子を守り抜く母性本能を象徴しているかのようだ。昨今はその我が子を虐待しては死に至らしめるといった、母性とはおよそかけ離れた事件が多発している。深夜になっても人工的な灯りが燈され、睡眠中であれ光が溢れている。かく言う私も蛍光灯をつけたまま眠っている一人なのだが、これらの習慣も改めねばならないようだ。夜になれば暗くなり、暗くなってから眠りにつく、といったごく自然の生活に戻さなくてはならない。母性からかけ離れるというのは、自然からかけ離れるのと同じことであるかも知れない。私が子猫たちを可愛がるのも母性の現れなのかと、一応男性ながら母性の必然性を感じている。今も猫族たちが集まって互いに舐め合っている。

 大型ベースと通常サイズのベース二台の納期を完了、新たに大型ベース一台が入荷する。今度の納期は来週の月曜、十分期間はある。慌てることなく、体調を保ちながら作業していきたい。ちょっと無理をしただけで下半身に負担がかかり、いったん痛み出したら少なくとも一週間は痛みが持続してしまう。最悪の場合は一ヶ月間も痛みが伴うときもある。それでも数年前よりは楽になっている。あの頃は足首が腫れあがり、松葉杖なしでは動けない状態だった。長いときは半年間も松葉杖をついていたっけ・・・治ったわけではないだろうが、いま普通に歩けることが不思議なくらいだ。無理さえしなければ何ともないのだから、気長に仕事を続けていけばいい。今日は下地調整から始め、足りなくなった材料を注文しておいた。明日から本格的な作業に入る。すべては順調だ。今度の大型ベースは最も大きいものだと思っていたが、監督の話では、さらに大きなベースもあるのだと言う。大きな仕事を手がければ、それだけ自信がつく。金属の仕事を初めて手がけてからちょうど一年になる。失敗もした、監督とぶつかったこともあった・・・とにかく逃げないでやってきた。孤軍奮闘の中で多くのことを学んだ。何より、やれば出来ることを実感している。這いつくばるようにして生きている吹けば飛ぶような零細企業、たたき上げの仕事だけを唯一の誇りにして、この底なし不況を生き抜いてやる。

【視聴予定】
■19:10-19:30 NHK教育 健康「痛み・我慢は禁物」
■22:00-22:45 NHK総合 シャーリー・マクレーン自らを語る シナトラとの出会い▽愛と喝采の日々 
■22:54-23:50 TBSテレビ 筑紫哲也NEWS23 ODA検証

http://csx.jp/~gabana/Sizen/Zizi/hibi0208/hibi020819.htm


 

新じねん・日々雑感 年月メニュー

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-nengetu.htm

【新じねん】  http://csx.jp/~gabana/index.html
【新じねん保存サイト】  http://oriharu.net/gabana_n/

おーるさんの2002年8月18日 日誌 【新じねん】

02/08/18 (日)

 今年のキュウイの写真にBGMをつけてアルバムを作ってみました。曲は「風にゆれる花」、私の作曲ではありませんが、非営利目的なら使用しても良いということで使わせてもらいました。題して「キュウイの四季」512k、子猫ワンパークもちょぴり登場します。戻るときは右フレーム上の「New」をクリックしてください。今年4月から8月までのキュウイの写真をまとめたもので、今後こうした四季うつろいのアルバムもつくっていこうと思っています。撮り貯めていた写真もたくさんあります。これまで画像や音声などは読み込む速度を早くするためかなり圧縮、ために質の劣化は避けられませんでしたが、ADSLへの移行をもって質の向上も考慮中です。今月末にLANボードを設置、来月中にはADSLに加入及び接続する予定です。
 今朝も室内気温は25度のままで、過ごしやすい適温となっている。日曜の今日はどんよりとした曇空で、室内は朝から薄暗く、蛍光灯の元でこれを書いている。いつもは朝から庭に飛び出す猫族たちも、肌寒いのか、今日は珍しく静かで互いに身を寄せ合っている。仕事も小さな部品4個を仕上げれば完了、明日には監督が引き取りに来る。気温や湿度の変化に応じて材料の濃度も変えていかねばならない。それを数値化して把握する必要性も感じている。仕事でも、日々の生活においても・・・まだまだ学ぶことは多い。今チロが子猫たちにオッパイを吸われている。よく見ると二匹ほどチロの産んだ子猫ではないのも混じっている。つまり、妹や弟たちにも母乳を与えているのだ。猫族にも学ぶことは多い。人間族はいつになったら殺し合いをやめるのであろうか。中東で赤ん坊が兵士に殺されても、世界一の残飯量を誇る日本では痛くも痒くもない心を保っていられる不思議・・・やっと戦争が終わったと喜ぶその先から、地雷を踏んだ子供たちの手足が吹き飛ぶ・・・終わりのない人間戦争。平和への祈りを忘れた心からも新たな戦争が生まれている。

 我が家の九匹の猫族たちの家系を以下にまとめた。父親は全て不明。
クロ(母猫)→2002年3匹出産(白1、三毛2)
↓2001年2匹出産
ペロ(クロの息子)
チロ(クロの娘)→2002年3匹出産(白2、茶1)
 猫族物語はさらに続く・・・予感。

【視聴予定】
■21:00-21:50 NHK総合 スペシャル「苦悩する”家電の巨人”松下電器」 ヒット商品が出ない▽改革の現場に密着
■23:30-24:00 テレビ朝日 地球号

Nekokuro

Nekosiro

Nekotya

Nekomike

http://csx.jp/~gabana/Sizen/Zizi/hibi0208/hibi020818.htm


 

新じねん・日々雑感 年月メニュー

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-nengetu.htm

【新じねん】  http://csx.jp/~gabana/index.html
【新じねん保存サイト】  http://oriharu.net/gabana_n/

おーるさんの2002年8月17日 日誌 【新じねん】

02/08/17 (土)

 雷雨が襲来してから過ごしやすい日が続いている。昨夜から今朝にかけて気温も25度を保ったままだ。こういう時に安堵していると、数日もしないうちに暑さがぶり返したりする。まだ暑さは峠を越していないはずだ。太陽が雲で覆われている分、熱線が遮られているに過ぎない。いったん太陽が顔を覗かせれば、またもや「暑い、暑い」の毎日に戻る。
 昨日は屋根瓦まで伸びたキュウイの実を摘果した。今年は千個ぐらいの実がなっている。今から小さな実を摘果しないと、実が大きくならない。キュウイの蔓は屋根だけでなく、今では工場内にも浸入してきている。今頃になると葉も枯れ始め、果実に栄養が集中していく。春に芽ばえ、夏に繁茂し、秋に枯れ果て結実し、種子を落とし、冬の眠りを経て再び芽ばえる。
 毎年繰り返される植物たちの季節の営みに、私はいつも人間の命を重ね合わせる。人間社会の世相にあって、人の死は終わり以外のなにものでもなく、それゆえに死を厭い恐れている。死は人間の敗北だと、健康に異常な神経を使っている。私もまた両親の死を通して、絶望的な喪失感を味わってきた。ボンヤリと庭を眺める日がつづき、植物たちの季節の営みに心を通わせていくと、やっと気付くのだ。生と死は常に表裏一体で切り離せないものであることを・・・生きることは死を、死ぬことは生を意味していることを・・・人が絶望して死の淵で悩んでいるときにさえ、裏返しの生が息づいている。生きていればこその絶望であり、悩みであることに気付かされるのだ。してみれば人間の死も、植物たちが枯れて種子を落とすようなものではないか?死は命の再生のためには不可欠な季節の道程ではなかったか・・・と、相変わらず私は今日も朝から夢想に浸っている。
 仕事は最後の段階にきて難航している。仕上がりに満足できないのだ。もう少し手を加えなければ引き渡せない。監督が納得しても、自分が納得できないのだ。これでは自分が許せない。たかが精密機械のパーツにしかすぎない安価な仕事に、採算のとれない努力を重ねてどうなるのだ?バカな奴さ、私という頑固者は・・・結実しない植物のようなものだ。

【視聴予定】
■19:30-20:45 NHK総合 スペシャル「変革の世紀」 今夜は夏のスペシャル企画・インターネット大討論▽40万人の本音・日本をどう変革すべきか▽6カ月の激論を集大成坂本龍一ほか
■21:00-21:54 TBSテレビ 世界・ふしぎ発見!「桃源郷シャングリラはあった」 真夏の大氷河・チベット地図なき秘境大冒険

http://csx.jp/~gabana/Sizen/Zizi/hibi0208/hibi020817.htm


 

新じねん・日々雑感 年月メニュー

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-nengetu.htm

【新じねん】  http://csx.jp/~gabana/index.html
【新じねん保存サイト】  http://oriharu.net/gabana_n/

おーるさんの2002年8月16日 日誌 【新じねん】

02/08/16 (金)

サウジ皇太子、ヨルダン国王と中東情勢について会談
 [ドバイ 12日 ロイター] 国営サウジ通信(SPA)は、アブドラ皇太子がヨルダンのアブドラ国王と会談し、イスラエルとパレスチナの紛争をはじめ中東情勢について意見を交換したと報じた。このなかで、「パレスチナ住民に対する殺りくや包囲、破壊工作をはじめ、中東情勢について意見を交換した」と伝えた。SPAは、米国がイラクに対して軍事攻撃を開始する可能性について、両首脳が協議したのか、という点については言及していない。(ロイター)

 双方ともアブドラ(Abdullah)では紛らわしいので、区別する意味で対比させてみる。
●サウジのアブドラ皇太子
 Abdullah al Saud (1923-)・・・ サウジ初代国王アブドゥル・アジズ(Abd al-Aziz al Saud 1880-1953 即位1932-1953)通称イブン・サウドibn-Saudを父とし、母Fahada al Shuraimの間に生まれる。
●ヨルダンのアブドラ国王
 Abdullah HashimⅡ(1962-即位1999-)・・・ヨルダン国王フセイン(Husain Hashim 1935-1999 即位1935-1999)を父とし、母アントワネット・アヴリル(Antoinette Avril Gardiner)の間に生まれる。【詳細】今月4日の日誌参照のこと

 親子ほども歳の離れた王族同士の会談である。ヨルダン国王アブドラは4日に前述したように、その妻ラーニアがパレスチナの英雄ヤシン家の出だけに微妙な立場に置かれている。またサウジ皇太子アブドラは、かつての湾岸戦争においてもアメリカの軍事基地使用を拒むという姿勢をみせてきた。アメリカはその皇太子を宥めるようにして半ば強引にサウジに居座っているわけだが、それが出来るのも国防航空相スルタン(Sultam al Saud)王子の存在があるからだろう。アブドラ皇太子とは異母兄弟関係にあるスルタンの、その息子バンダルはアメリカ大使として歴代のアメリカ大統領たちのお気に入りとなってきた。リヤドにはあからさまにスルタンを意識した呼称の米軍基地「プリンス・スルタン空軍基地」がある。これからサウジに政変が勃発するとすれば、アメリカはおそらくスルタン親子に肩入れすることになると思われる。今回のサウジ皇太子とヨルダン国王の会談も、アメリカのイラク攻撃やイスラエルのバレスチナ住民への弾圧などに、批判的な意見が交わされたことは容易に推測できる。これに対してアメリカ政府が苦々しい思いで見ていることも・・・

サウジ国王、健康状態が悪化=外交筋
  [ドバイ 13日 ロイター] 外交筋によると、サウジアラビアのファハド国王の健康状態がここへきて悪化している。同国王は79歳で、1995年以来、健康に不安があることから、アブドラ皇太子が国政の実権を握っている。ファハド国王は7月、白内障の手術を受けた。サウジアラビア政府関係者は、術後の経過は良好だと発表したが、湾岸諸国の外交筋は、王室内で後継者をめぐる観測がもちあがっていることを明らかにしていた。(ロイター)

 現在、実質的にサウジの政権を握っているのはアブドラ皇太子だが、これは1993年2月26日の世界貿易センター爆破テロ事件に関して、テロ実行犯と目されたアラブ人15名がサウジからの入国者であったことに起因する。これによってファハド国王一族はスイスに逃亡、国家警備隊を把握したアブドラ皇太子が実権を握ることとなった。そのアブドラ皇太子はアメリカ政府の訪米招請を拒んできた。今、健康状態が危ぶまれているファハド国王(Fahd al Saud 1921-即位1982-)の母親ハッサ・アル・スデイリ(Hassa al Sudairi)は、サウジ初代国王イブン・サウドの母方スデイリ家と同族ゆえに王位継承の重要な位置にあった。イブン・サウドの妻は100人を越え、王子に至っては7000人に達するといわれるサウジ王家にあって、アブドラ皇太子の政権把握は必然的に王家継承一族スデイリ家の崩壊を示唆するものとなる。反アメリカ色を強める新生アブドラ皇太子に周辺アラブ諸国も好意をもって迎えているようだが、今後アメリカ政府がどう出てくるか?小ブッシュのイラクへの敵愾心にはサウジ皇太子アブドラも視野に入っていることだろう。サウジ国王ファハドの健康状態が危ぶまれている中、イラクではにわかにフセイン大統領の次男クサイが襲撃されるという事件も起こってきた。

イラク大統領二男、反体制派の襲撃で負傷=新聞
 [ドバイ 14日 ロイター] イラクの反体制組織「イラク国民会議」(INC)は、武装メンバーらが今月1日にフセイン大統領の二男クサイ氏を襲撃、負傷させていたことを明らかにした。 アラビア語紙アッシャルク・アルアウサトが、ロンドンに本部を置くINCの声明内容として報じた。それによると、武装メンバーらはバグダッドでクサイ氏の車列に銃撃を加え、同氏は腕を負傷した。武装メンバーらの乗った車は、治安部隊の攻撃を受けて破壊されたという。この件に関する政府当局者からのコメントは得られていない。共和国防衛隊を指揮下に置き、治安部門の責任者である同氏は、新聞社などを運営する長男のウダイ氏とは異なり、公の場にはほとんど姿を現さない。(ロイター)

 ここイラクでもフセイン大統領の後継者をめぐって同族同士の骨肉相食む争いが展開されている。特に長男ウダイの横暴は目に余るものがあり、父親フセイン大統領にしてウダイを政権から遠ざけるほどだったという。1995年8月8日、フセイン大統領の娘婿フセイン・カメル中将が同族率いてヨルダンに亡命したが、それは実権拡大を謀るウダイとの対立が原因だった。
 イラクとなる以前のメソポタミアは、「アラビアのロレンス」として後に有名になるロレンス(Thomas Edward Lawrence 1888-1935)と共に戦ったメッカ太守フセイン(Husain HashimⅠ1853-1931 メッカ太守即位1908-1916 ヒジャス王即位1916-1924 )の、その三男ファイサルⅠ世(Faisal HashimⅠ1883-1933 イラク即位1921-1933)によって1921年にイラク建国が宣言される。その三代目イラク国王ファイサルⅡ世(Faisal Hashim Ⅱ 1935-1958 即位1939-1958)の統治時代にクーデターが勃発してファイサルⅡ世は暗殺される。そして登場したのが現イラク大統領サダム・フセインであり、これにてイラクにおけるメッカ太守フセインのハーシム家の血脈は断ち切られた。しかし、ファイサルⅠ世の兄アブドラⅠ世(Abdullah HashimⅠ1881-1951 ヨルダン即位1949-1951)はトランスヨルダン君主を経てヨルダンの建国者となり、そのアブドラⅠ世は暗殺されながらも王位は引き継がれ、現在のアブドラ国王の統治に至るのである。つまりは王位継承の血脈を辿ればイラクとヨルダンは繋がっているというわけだ。
 クーデターによって政権を得たサダム・フセイン(Sadam Husayn 1937- 就任1979-)は、その長男ウダイによってフセイン体制は崩壊の危機に瀕している。ウダイの弾圧でヨルダンに亡命した一族の中にはサダム・フセインの長女ラガドも含まれていた。ラガドは一緒に亡命したフセイン・カメル中将の妻であり、その同族を追い出したウダイにとっては実の姉にあたる。今回の次男クサイを襲撃した武装グループの背景にはそんな骨肉相食む黒い影が見え隠れしているように思えてならない。

 今月14日にはシリア在籍の日本人女性による巨大石窟「シャーシ・ハムダン遺跡」発見のニュースが伝えられているが、パルミラ(Palmyra)遺跡の二倍から三倍の規模に及ぶ石窟というから、これは大発見であろう。1~2世紀のローマ帝国時代の石窟らしいが、パルミラ遺跡もまた紀元前1世紀~3世紀のものとされている。東からパルティア(Parthia)人がシリア・パレスチナに進軍、北からアルメニアなど土着王国がやはりシリア・パレスチナを狙い、やがてバレスチナにユダヤ国家が独立すると、トランスヨルダンではナバテア人が北上してダマスカスを占拠するのである。こうした古代シリアの混乱期に、今度発見された「シャーシ・ハムダン遺跡」がどんな役割を担ったのか?想像するだけでワクワクする。歴史は繰り返すというが、現代の中東動向と古代シリアを比較検討してみるのも面白いだろう。

【視聴予定】
■21:00-22:00 NHK総合 王家の指輪物語~ドイツ・北欧神話紀行~ 指輪物語のルーツを求めて▽王や神々のリングの伝説 荻野目慶子
■21:00-21:54 テレビ朝日 運命のダダダダーン! 恐怖…エクソシストは実在する…バチカンが認めた悪魔払いの儀式を完全公開
■21:54-23:10 テレビ朝日 ニュースステーション デフレ夏休み▽生出演黒柳徹子のソマリア報告”飢餓””女性性器切除”…▽命日に最後のプレスリー

http://csx.jp/~gabana/Sizen/Zizi/hibi0208/hibi020816.htm


 

新じねん・日々雑感 年月メニュー

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-nengetu.htm

【新じねん】  http://csx.jp/~gabana/index.html
【新じねん保存サイト】  http://oriharu.net/gabana_n/

おーるさんの2002年8月15日 日誌 【新じねん】

02/08/15 (木)
 今日は朝から曇空で、気温も27度という過ごしやすい日になっている。お盆休みも今日が最後、午後から仕事の仕上げに入る予定。仕事を手がけている時が最も心が安定するようだ。仕上げの段階になるにつれ、細かいことが気になりだし、結果的に時間もかかってしまう。それだけにやりがいもあるのだが、あまり細部にこだわるとかえって仕上げが悪くなる場合もある。
 お盆休みには猫族たちにも少しご馳走を食べさせてあげた。ご馳走とは言っても魚の缶詰なのだが、おかげでいつもよりウンチの量が多くなり、その後始末に追われている。彼らには砂場という排泄場を用意してあるのだが、ところかまわず排泄しまくっている。おかげでクレゾール液を散布して消毒する日がつづいている。
 今日は過ごしやすい気候だと思ったのも束の間、雲の切れ間から太陽が顔を覗かせてきた。正午近くになってどんどん気温が上昇し、またもや気温30度に達しようとしている。一時間毎に1度ずつ気温が上がっている。1度の温度差はけっこう大きい。おそらく気温がピークに達する午後三時あたりには30度を越すものと思われる。室内でこうだから、陽射しの照りつける外はすでに30度近くになっているはずだ。こうした異常気象は日本に限らず、ヨーロッパでは川が氾濫し大洪水のニュースも伝えられている。
【参考】中東欧州諸国の大洪水(地図&データ)

 19時10分現在、今バリバリという凄まじい雷鳴が走って行った。数秒毎の雷光がフラッシュのように瞬き、かつ雷鳴を轟かせている。家中の電気を全て切断して、しばし雷雨の閃光に照らし出される部屋の様子を眺めていた。電気のなかった昔のその人々は、このようにして自然の猛威を全身で感じていたのだろう。自然の気配を研ぎ澄ました感覚で感じ、かつ自然への畏怖を抱きつづけていたに違いない。
 迎え火に導かれてやってきていた父や母の霊も、最後の盆休みの今夜は帰り支度をしているだろう。そんな想像をしていると、雷光の青白い閃光に父と母の名残惜しそうな表情が浮かんできても不思議はなくなってくる。遠ざかっていく遠雷に、私は、何度も振り返っては帰っていく父と母のイメージを思い浮かべている。死んでしまった人にとって帰るべきはあの世であって、この世は盆休みにだけ寄って行く「場」にすぎないのかも知れない。やがて遠雷も聞こえなくなり、雨の雫の落ちる音だけが微かに聞こえる頃になって、やっと悲しくなったりするのだ。
 ちなみに左の絵は(作者を忘れてしまったが)、私が持つ母のイメージそのものである。この絵を見るたび、通夜の席で母の遺体に縋って号泣したことを思い出す。

【視聴予定】
■19:30-22:00 NHK総合 スペシャル2002年きみと語る戦争~いま、対話のとき~ ▽NY-カイロ-東京若者たちが国際中継で激論▽アメリカとイスラムは憎しみ合う以外に道はないのか▽自爆テロを正当化する学生の主張・犠牲者の弟が語る非暴力▽特攻から核まで・対立の先に平和は見えるか 大江健三郎
■21:54-23:10 テレビ朝日 ニュースステーション 16歳女子高生が犠牲…塩釜港死体遺棄事件▽終戦の日…南京戦参加旧日本軍兵士102人の証言▽原点?長野県初代公選知事

http://csx.jp/~gabana/Sizen/Zizi/hibi0208/hibi020815.htm


 

新じねん・日々雑感 年月メニュー

http://csx.jp/~gabana/Zaakan/hibi-nengetu.htm

【新じねん】  http://csx.jp/~gabana/index.html
【新じねん保存サイト】  http://oriharu.net/gabana_n/